知って得する!

料理家 渡辺ひと美のカンタン!レシピ おうちで映画ごはん

レシピを探す

movie plus 072

映画『ラブ・アゲイン』より

“濃厚クレームブリュレ”

男性も好きなデザート

レストランでデザートメニューを眺めている中年夫婦。夫(スティーブ・カレル)は「何が欲しい?一緒に言おう。」と妻(ジュリアン・ムーア)に言い、いっせいのせ、で発した言葉は、夫が「クレームブリュレ」、妻が「離婚したい」。妻が同僚(ケヴィン・ベーコン)と浮気していたことを知り、家を出た夫は、バーで知り合ったチャラいイケメン(ライアン・ゴズリング)にモテる男になるための指導を受けるようになり、服装は見違えるまでになったのですが・・・。今回の料理はディナーの最後に夫が選んだクレームブリュレです。

2013/12/27 UP
濃厚クレームブリュレ

材料(約9cm(3.5インチ)のココット2個分)

牛乳              ・・・ 50ml
生クリーム(乳脂肪分40%以上) ・・・ 200ml
バニラビーンズ         ・・・ 1/2本
(無ければバニラエッセンス約3滴)
卵黄              ・・・ 3個
砂糖              ・・・ 30g
カソナード(ブラウンシュガー) ・・・ 約大さじ2

作り方

  1. バニラビーンズに縦に包丁で切れ目を入れて開き、包丁の背で種をそぎ取ります。
  2. 小鍋に1のバニラビーンズのさやと、取り出した種、牛乳、生クリームを入れて、沸く寸前まで弱火から中火にかけます。
  3. ボウルに卵黄と砂糖を入れ、泡立て器ですり混ぜ、砂糖を溶かします。
  4. 23を合わせて軽く全体を混ぜたら、漉し器で2回こします。
  5. ココットに4を入れて、120度に温めておいたオーブンで約25分焼き、あら熱が取れたら冷蔵庫で約1時間冷やします。
  6. 5を冷蔵庫から取り出し、表面にカソナード(ブラウンシュガー)を満遍なく薄く振り、オーブントースターで焼き、表面に美味しそうな焦げ目が付いたら、再び冷蔵庫で5〜10分冷やして完成です。
ポイント
  • 濃厚なブリュレを作る為には、乳脂肪分が高い動物性の生クリームを使用するのがポイント。
  • バニラエッセンスより、ひと手間かけてバニラビーンズを使用すると断然風味が増し本格的な味に。
  • カソナードもブラウンシュガーも無いときは、ザラメやグラニュー糖で代用してください。
  • オーブントースターに入れる時間は、ワット数で違うので、目を離さずに見ておきましょう。ワット数が高い方が早く表面に色がつきます。
渡辺ひと美

料理家

渡辺ひと美

資格:
調理師・フードコーディネーター・唎酒師(酒匠・講師)・焼酎アドバイザー・
日本酒サービス研究会酒匠研究会連合会(副会長)
料理が全くできない母と、料理がプロ並みに上手な父の間に育ち、母の料理があまりに・・・だったもので、父と共にキッチンに立ち料理を覚えてきました。 料理番組のアシスタントをはじめ、料飲店・和菓子屋などのプロデュースや、日本酒のソムリエである唎酒師協会の副会長兼講師もつとめている。 酒蔵や農家などに自ら足を運び、生産者の様々な想いを伝えて行きたいと、自身で西麻布にて和食屋を経営している。 身近な料理を通して、さらに楽しく幸せになれる美味しい時間を多くの人に持ってもらいたいと、飲食に関する講演も含め幅広い活動をしている。

レシピ一覧