TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2015

5.24[sun]第68回カンヌ映画祭受賞結果発表!

2016年12月

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

« 6月

Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube

Local Report|現地レポート

まつかわゆま

2015/05/25 00:25:56 UP

英語でしゃべり倒すノルウェー人監督ヨアキム・トリアー


日本公開作はないけれど、映画祭などの特集上映では大変人気のあるヨアキム・トリアー監督。『ラウダー・ザン・ボム(原題)』は三作目にして初めての英語作品である。
ノルウェー人監督なので、英語作品はチャレンジなんだろうなと思つていたが、まぁ流暢な英語で喋る喋る。これだけ喋れればまったく苦労しないだろうなと、妙なところで感心してしまった。
なんでも、イギリスの映画学校に通っていたそう。なるほどね。

報道写真家だった母が事故で亡くなり、父親と暮らす高校生の次男と結婚して家を出た長男、教師である父親が残される。心を閉ざす次男とどうにか家族を築き直そうとする父と長男なのだが…。

「ヒューマンストーリーを描いて見たかったんです。ジェネーション的にも、性格的にも違う人間が集まっているのが家族なわけで、マルチプルなキャラクターが一つの家族になる苦難の時を描きます。重たい話ではあるのですが、ユーモアを無くさないよう、いろいろな感情がミックスされるように心がけました。リアルな暮らしでもそうですよね。何か大変なことがあっても、人はずっと暗かったり重たかったりするわけじゃないでしょ。そういうときだって笑ってしまうこととか、暮らしていくわけです。そういうことを描きたかったんですね」

タイトルは監督の好きなスミッシーのアルバムから取ったものとか。
「じつはジョン・ヒューズ監督の青春映画が好きだったんですよ。80年代の、『ブレックファスト・クラブ』なんかは何回見たことか」
監督、意外とミーハー、なのである。ラース・フォン・トリアーの親戚にしては、だが。


父親役はガブリエル・バーン、次男役はディバイン・ドルイド。期待の新人俳優である。

イザベル・ユペールが演ずる母親は世界の紛争地や難民キャンプをさつえいしてまわる写真家である。

現地レポーター

マドモワゼル・ウオ子(特派員)
マドモワゼル・ウオ子(特派員)

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。カンヌ映画祭暦10年目!今年も不屈の精神でレポートに挑むわよ。チャームポイントは大きな瞳とバサバサなまつ毛。欠点は面食い。イケメンを見るとついつい目がハートに。好きな映画は「ズーランダー」。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通していることでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

まつかわゆま(シネマアナリスト)
まつかわゆま(シネマアナリスト)

演劇に明け暮れた大学卒業後、女性誌編集者を経て映画ライターに。映画から時代を読むシネマアナリストをめざし、雑誌・テレビ・ラジオ・ウェブなどに書いてしゃべって四半世紀を超えました。東放学園講師など、先生業も。現在、大学院でドキュメンタリー映画を研究中、第三の青春を謳歌しています。著書に『映画ライターになる方法』(青弓社)、『シネマでごちそうさま』(近代映画社)など。

まんねん(特派員)
まんねん(特派員)

大学卒業後、約10年間TVCM制作に携わり、その後ムービープラスへ。自称映画好き。今年痺れたのは『セッション』。最近は、ダルデンヌ兄弟やテリー・ギリアム監督にインタビューするなど。7年ぶりにカンヌへ参戦。