TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2015

5.24[sun]第68回カンヌ映画祭受賞結果発表!

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

「海街diary」にカンヌが沸いた!カトリーヌ・ドヌーブ絶賛「とても感動した」

2015/05/15 04:51
レッドカーペットを彩った(左から)是枝裕和監督、長澤まさみ、広瀬すず、綾瀬はるか、夏帆
拡大した画像を見る

レッドカーペットを彩った(左から)是枝裕和監督、長澤まさみ、広瀬すず、綾瀬はるか、夏帆

提供:ムービープラス

 [映画.com ニュース] 第68回カンヌ映画祭で5月14日(現地時間)、コンペティション部門に選出された是枝裕和監督の「海街diary」が公式上映された。レッドカーペットには、是枝監督とともに4姉妹を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが揃って登場。綾瀬と広瀬は爽やかなホワイト系を基調にしたドレス姿、長澤と夏帆は青を基調にしたデコルテのドレスで、手をつなぎながら階段を上った。

【フォトギャラリー】カンヌでドレスアップした綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの写真はこちら

 上映会場には、今回映画祭のオープニング作品に主演したカトリーヌ・ドヌーブらスターの姿も見られ、是枝監督に対する世界的な人気の高さをうかがわせた。是枝監督の目の前に座ったドヌーブは終演後、場内の観客とともにスタンディングオベーションで拍手を送った。感無量の様子で、感想を求めたところ「素晴らしい。とても感動したわ」と答えてくれた。

 上映後、日本の記者団を前にした是枝監督は「本作は僕自身とても気に入っている映画です。それをカンヌに持って来られたこと、また4人の女優さんたちと一緒に来ることができたのはとてもうれしい」と語った。女優陣は「世界の人に届くような映画に出させて頂いて監督に感謝しています」と口を揃えて語り、「カンヌは映画が大好きな人が集まるところという印象」(綾瀬)、「映画ひとつで街全体が盛り上がる、まるで魔法にかけられたようなところ。また頑張ろうと思いました」(長澤)、「世界の人に出会える機会がなかなかないので、貴重な機会が頂けてうれしいです」(夏帆)、「16歳でこんな経験をさせてもらえる機会はないと思うので、もっと味わいたいと思いました」(広瀬)と語った。

 是枝監督は今回が4度目のコンペティション参加。2年前、「そして父になる」で審査員賞を受賞したのは記憶に新しい。会見では、「カンヌは映画の作り手にとって特別な場所。毎回呼ばれるのはとてもありがたい一方、自分のなかでそれが当たり前になるのは怖いことだと思っています」と真摯な面持ち。また本作の見どころを「4姉妹の姿を丁寧に描きました。この映画には、登場こそしないけれど(話のなかに)存在するキャラクターも多い。人間中心というよりは、長い時間の流れのなかでその積み重ねによる変化を表現したかったので、そのあたりが観客に伝わってくれればと思います」と語った。

 「海街diary」は、鎌倉に住む3人姉妹が疎遠になっていた父親の死をきっかけに、母親の異なる妹を引き取り共同生活を送る物語。日本の美しい四季を通して、それぞれに性格の異なる姉妹たちの共同生活が、繊細な感情描写とともに描かれる。(佐藤久理子)

【作品情報】
海街diary

【関連情報】
【第68回 カンヌ国際映画祭特集】日本から「海街diary」もノミネート!今年のパルムドール賞の行方は!?注目作をまとめてチェック
ムービープラスのカンヌ映画祭スペシャル2015特設サイト
綾瀬×長澤×夏帆×すず「海街diary」4姉妹、カンヌ参加を笑顔で報告!