アカデミー賞スペシャル2014 86th Academy Awards

2ヶ月連続企画のアカデミー賞スペシャル2014。受賞作計32作品のほか、関連番組を放送。さらに発表日3月3日(月)は、8:00から現地より生中継!

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

米監督組合賞、「ゼロ・グラビティ」アルフォンソ・キュアロン監督が受賞

2014/01/28 09:45
アカデミー監督賞も狙えるか!?
拡大した画像を見る

アカデミー監督賞も狙えるか!?

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 [映画.com ニュース] 第66回アメリカ監督組合(DGA)賞が1月25日(現地時間)に発表され、「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督が長編映画部門で受賞した。キュアロン監督はここまで、ゴールデングローブ賞と放送映画批評家協会賞の監督賞を制している。

 メキシコ出身のキュアロン監督は、今回が初ノミネート。同組合に所属する監督の投票によって決まる栄えあるDGA賞を、ポール・グリーングラス監督(「キャプテン・フィリップス」)、スティーブ・マックイーン監督(「それでも夜は明ける」)、デビッド・O・ラッセル監督(「アメリカン・ハッスル」)、マーティン・スコセッシ監督(「ウルフ・オブ・ウォールストリート」)を破って初受賞した。

 ちなみに、DGA賞受賞監督が過去65年間でアカデミー監督賞を獲得できなかったのはわずか7例しかない。

 なお、テレビ映画/ミニシリーズ部門で、「恋するリベラーチェ」のスティーブン・ソダーバーグ監督が受賞した。

【作品情報】
ゼロ・グラビティ

【関連情報】
第86回アカデミー賞特集(2014年)
米俳優組合賞は「ダラス・バイヤーズクラブ」2冠 マコノヒー&レトが連勝中
放送映画批評家協会賞作品賞は「それでも夜は明ける」
第86回アカデミー賞「ゼロ・グラビティ」「アメリカン・ハッスル」が最多10部門ノミネート