ニュース

2019.08.22

ロシア版 戦争大河ドラマが日本初上陸「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」9月15日(日)よりレギュラー放送開始!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

© Ltd "Bubblegum Production", 2018

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」(ジュピターエンタテインメント㈱、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、2019年2月にロシアで放送されたばかりの“ロシア版 戦争大河ドラマ”「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」を、9月15日(日)より毎週日曜9:00~レギュラー放送いたします。

全8話からなる最新ドラマで、ムービープラスでの放送が日本初放送となります。第二次大戦下のロシアを舞台に、史上最大の戦車戦“クルスクの戦い”に翻弄される若者たちを描き、作中に登場する戦車T-34-76は本物を使用。リアルな戦闘シーンに戦車ファンもアクション映画ファンも大満足いただける、迫力満点な映像が魅力です。
ぜひ、この機会にムービープラスでお楽しみください。
 

「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」(2019年/ロシア)

放送日時:9月15日(日)放送スタート 毎週日曜9:00~11:15 2話ずつ放送(全8話)
★9月1日(日)10:00~11:15に、#1のみ先行放送あり
★再放送は毎週水曜深夜1:00~3:15

監督:ユーリー・レイゼロフ
出演:コンスタンチン・ベロシャプカ/ダリア・メリニコワ/アンゲリーナ・ストレーチナ

第二次大戦下のロシアを舞台に、史上最大の戦車戦“クルスクの戦い”に翻弄される若者たちを描く、
ロシア版 戦争大河ドラマ。

<放送日時&エピソードタイトル>
9月15日(日)9:00~11:15、ほか #1「若者たち」/ #2「それぞれの戦場」
9月22日(日)9:00~11:15、ほか #3「運命の糸」/ #4「激戦」
9月29日(日)9:00~11:15、ほか #5「撤退」/ #6「反攻」
10月6日(日)9:00~11:15、ほか #7「再会」/ #8「クルスク」


第二次大戦物の中でも、特に人気があるのが、『戦車』をテーマとした戦争作品。往年の「パットン大戦車軍団」「バルジ大作戦」、近年でも「フューリー」など、記憶に残る作品は多い。また、大ヒット・アニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズの人気からも分かる通り、『戦車物』は、ミリタリー系の中でも特にマニアックなファンが多いジャンルでもある。
本作は、1942年から1943年にかけてのソ連とナチスドイツの戦い=『独ソ戦』を舞台に、残酷な運命に翻弄されてゆく若き兵士たちの愛と戦いを大スケールで描いた、ロシア発・全8話のテレビシリーズ、注目の戦争大作ドラマである。ロシアの映画界・ドラマ界のエンタテインメント作品は近年注目だが、特に戦争作品は実績も豊富で、ファンの信頼も厚い。言わばロシアは『戦争映画大国』であり、リアルで大スケールの戦闘描写には定評がある。本作には「T-34」「ティーガー」といった独ソ両軍の戦車車輌が多数登場。特に「T-34」の実物車輌はマニア必見だ。加えて近年のロシア映画界でクオリティアップが著しいCG映像も駆使し、壮絶な戦車バトルを描いている。

■クルスクの戦い■
第二次大戦中の1943年、ソビエト連邦の都市であるクルスク周辺で、ナチスドイツ軍とソ連軍(赤軍)との間で行われた、「史上最大の戦車戦」とも謂われる戦闘。ドイツ側約2,800輌、ソ連側約3,000輌の合計約6,000輌の戦車が戦闘に参加した。ドイツ軍の作戦名「ツィタデレ(城塞)作戦」と呼ばれるこの戦いは、独ソ戦でドイツ軍が大規模な攻勢に出た最後の戦闘であった。「クルスクの戦い」以降、戦争の主導権は完全にソ連軍のものとなったのである。


 

「ロシア版 戦争大河ドラマ「タンク・ソルジャーズ」見どころ」(全4回)

出演:ジェーニャ(声優)/大久保義信(軍事アナリスト)
ドラマ放送直前には、大人気アニメ「ガールズ&パンツァー」でクラーラ役を務める
ロシア人声優のジェーニャさんと、軍事アナリストで「月刊軍事研究」編集部の大久保義信さんが、
ドラマの見どころを楽しく紹介する番組の放送も!

ロシア人声優のジェーニャ

「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」を含む
「特集:ロシア映画&ドラマ」の詳細はこちら
https://www.movieplus.jp/recommend/detail/?id=167
 
ムービープラス(ジュピターエンタテインメント株式会社、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、今年開局30周年を迎える日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど 全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約721万世帯のお客様にご覧いただいています。


 
本件に関するお問い合わせ先
一般の方のお問い合わせ先 ムービープラス カスタマーセンター
TEL:0120-945-844(受付時間 10~18時/年中無休)
報道関係の方のお問い合わせ先 ジュピターエンタテインメント(株)ムービープラスPR担当
TEL:03-6365-8410(代表)

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • スカパーサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円 詳しくはこちら
  • J:COMでムービープラスを見るのがお得な4つの理由

オススメコンテンツ

© Ltd
ページトップへ