ニュース

2021.04.28

クリント・イーストウッド×山田康雄 あの名作が蘇る!! 『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』 5月にテレビ初放送!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』をテレビ初放送!
追録を担当した声優 多田野曜平、星野貴紀のコメントも到着!


クリント・イーストウッド出演の不朽の名作『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』を5月にテレビ初放送!地上波放送時にはカットされた部分をムービープラスで新たに収録した、DVD未収録版となっており、ムービープラスでしか見られない超貴重な吹替版となります。

本作の見どころ

往年の戦争アクション大作『荒鷲の要塞』
1968年にクリント・イーストウッド、リチャード・バートンが出演し制作された作品。第二次世界大戦を背景に難攻不落の要塞に潜入するアクションと、サスペンス要素が織り込まれた人気の高い戦争アクション大作です。

地上波での放送時にはカットされていた36分のシーンを新たに収録!ムービープラスでしか観られない追録版!
イーストウッドを声優界のレジェンド山田康雄が、バートンを「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのナレーションでおなじみの木村幌が担当し、1979年に地上波で吹替版が放送されました。当時の放送では36分の映像がカットされていましたが、この度ムービープラスがその36分の映像に新たに音声を収録。ノーカット版としてテレビ初放送します!DVDにも収録されていない超貴重な吹替版です。

新たな声を吹き込むのは、声優 多田野曜平、星野貴紀!
『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』でクリント・イーストウッドの吹替を務めるのは多田野曜平。かつてイーストウッドの吹替を担当していた山田康雄に変わり、「ダーティハリー」「夕陽のガンマン」「荒野の用心棒」などでイーストウッドの追録部分を担当。「運び屋」ではイーストウッド主演の新作映画で初となる全編吹替を担当しています。本作でも山田に尊敬の念を込めた声の演技を披露しています。また、木村幌が務めたリチャード・バートンを務めるのは星野貴紀。「ジャスティス・リーグ」ほか、DCユニバース作品や「コードネーム U.N.C.L.E.」などでヘンリー・カヴィルの声を担当している人気声優が、本作でどのような演技を見せるか、ご期待ください。
 

多田野曜平、星野貴紀 インタビュー



多田野曜平(クリント・イーストウッド/モリス・シェイファー中尉)
Q:今回の吹替追録にあたって準備したこと、心掛けたことはありますか?
A:いかにリラックスするかを心掛けましたね。とくに山田康雄さんの場合は、いい意味でふざけるっていうのかなぁ。遊び心を持っていないと山田さんの雰囲気は出せないし、山田さんの追録を演じるというのは相当心に余裕がないとできない。ただのものまねでじゃダメなんだよね、ちゃんとそのシーンに心が動いていないと。なおかつ、イーストウッドの芝居ではなく、山田康雄さんの芝居をなぞっていかなきゃならない。くり返し何度も声を聞いて康雄さん節を叩き込みつつ、何通りかの芝居のパターンを決めて練習しましたね。

Q:今回の吹替追録にあたって気を付けた点はありますか?また、今回は山田康雄さんが演じられたクリント・イーストウッドと、青野武さんが演じられたダーレン・ネスビットの2役を担当されていましたが、どのように変えておられたのでしょうか。
A:イーストウッド(山田康雄)に関しては“口を開けないこと”。それが肝心。口を開けずに話すと似てくるんですよね。逆にネスビット(青野武)のパートは、口を大きく開けることがポイント。口の開け方をそれぞれ変えて声を使い分けました。

Q:山田康雄の吹替をするときに気を付けている点はありますか?
A:山田さんと僕は同じテアトル・エコーという劇団の先輩・後輩という間柄。そういう先輩が作り上げたキャラクターは劇団の財産。それを汚さないように、守っていけるようにという想いをもちながら今回の仕事にも臨みました

Q:“追録”という試みをどのように考えていますか?
A:今だけこのタイミングだからこそ作れるとってもスペシャルな、そして時代の狭間のイベントみたいなもの。とってもいい仕事だなと思っていて、やりがいもありますね。基本の声質とか似てないといけないけれど、元の声優さんに似てても似てなくても面白いじゃない。「こうきたか」とか「この人がやったんだ、この人がよかったのにー」とか。ファンにはたまらないと思うよ。


Q:吹替で映画を見るときの楽しみ方を教えてください。
A:まず1つ目は吹替をしている人間の魅力ですよね。声優さんのキャラクターは大きい。あともうひとつは、日本語の魅力。ぼくら、翻訳劇をやる時も、演出家・翻訳家・役者が一緒にアイデアを出し合いながら、適切な日本語を考えていく作業がある。吹替をやる人間からしたら、海外の舞台を日本語で上演するアプローチの仕方と、英語を日本語にする吹替映画の現場のアプローチはとても似ているんですよね。もっと言うと、韓国映画で吹替する日本語と、米国映画で吹替する日本語は違うべきなんじゃないか。中国映画はもっと違う日本語を使ってみたらどうだろうとも考えてしまう。そこまでこだわったらもっと吹替映画の魅力が広がっていくんじゃないかな。

Q:『荒鷲の要塞』の作品の魅力はどこにあると思いますか?
A:それはもうコスプレ!イーストウッドの映画でありそうでないんですよ。しかもドイツの軍服を着ているのはこれだけじゃないかな?今回の映画だと、ドイツの車両もかっこいい。サイドカー、ジープ、キューベルワーゲン、ハーフトラック、兵員輸送トラックなどなど、あとは拳銃とかね、軍マニアは垂涎ものじゃないかな。めちゃめちゃいい。見どころ満載!

星野貴紀(リチャード・バートン/ジョン・スミス少佐)
Q:今回の吹替追録にあたって準備したことはありますか?
A:とにかく木村幌さんから離れないように、『荒鷲の要塞』をはじめ木村さんの作品を何回も聞かせてもらいました。そのなかで口腔の出す場所などを意識して音を作ってきました。

Q:木村幌さんの吹替をされる際に気を付けた点はありましたか?
A:木村さんは結構硬い音を出されるのですが、その中にも色気といいますか柔らかいところも併せ持っているのが難しいところでした。硬い音だけになってしまうと深みが出にくくなりますが、柔らかさとうまく混在させるために口の中のスペースを考えたりなど。そこが苦戦したところでしたね。


Q:吹替追録は今回が初めてとのことでしたが、他の吹替との違いはありましたか?
A:いかに差をなくして視聴者の方々が聞きやすいようにできるかというところは挑戦し甲斐がある部分でした。木村さんの芝居の考え方を探っていく作業はとても楽しかったです。こういう風に思っているからこの声の出し方になっているんだとか、人によって発声の仕方や柔らかさも違うので、それを意識して探っていくのはとても楽しかったです。

Q:収録が終わった今、率直な感想を教えてください。
A:自分が納得できないと、自宅で練習してきた100%が出せない。多田野さんがおっしゃる通り、心に余裕を持っていつもの自分の状態に持っていくことにとても苦労をしました

Q:自己採点的にはいかがでしたか?
星野:えーーーと、
多田野:いや、100点だよ!すごい似てた。
星野:ありがたく心に留めます!



Q:“追録”という試みをどのように考えていますか?
A:存在しなかったシーンの空白を埋めるということは、当時の演じられていた方たちが何をやりたかったのかということを理解して演技プランを作っていくという作業。追録の吹替を今回やってみて、とても尊いものだと本当に感じました。コロナ渦の中ではなかなか難しくなってしまいましたが、先輩方にもっと「どんな風に演じたか」「芝居への考え方」など、いろんな話をもっと聞きたいなと改めて思いましたね。

Q:野沢那智さんの養成学校ご出身ということですが、野沢さんの言葉で印象に残っているものがあれば教えてください。
A:家事をしながらでも声だけで何が行われているかがわからなくてはならないと口酸っぱく言われていました。「声で何が行われているかが映像として浮かんでくるようじゃないとダメなんだぞ」と。
映像の力はもちろん借りるのですが、セリフだけ抽出してもどういうやりとりが行われているかというのがわかるように、徹底的にトレーニングをしてきました。そういう野沢さんの意思は受け継いでいきたいですね。

Q:その教えが活かされたシーンはありましたか?
A:リチャード・バートンは目の芝居が多かったので、空間を把握してからの声の替え方はとくに気を付けました。木村さんもその点、同じように演じられていたので踏襲しています。

Q:吹替で映画を見るときの楽しみ方を教えてください。
A:字幕を読まなくてもいいというのが僕は一番大きいかな。映像でも舞台でもそうですが、視覚と聴覚だけの芸術なので、それ以上に視覚の情報が入ってきてしまうとリソースを結構取られてしまう。だから映像・音だけに集中できる吹替の文化は好きですね。

Q:『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』を楽しみにしている方にメッセージをお願いいたします。
多田野:世代を超えたコラボレーションとでもいいますか、今の時代だからこそ作ることができた作品になっています。みなさんの期待に応えられたかわかりませんが、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです!
星野:ノーカットの吹替版が見られるのは、ムービープラスの放送だけになります!ぜひご覧ください!


<プロフィール>
右:多田野 曜平(ただの ようへい)
1962年生まれ/福岡県出身
ウィレム・デフォー、スティーブ・ブシェミの声を担当。「ダーティハリー」「夕陽のガンマン」「荒野の用心棒」などでクリント・イーストウッドの追録部分を担当し、「運び屋」ではイーストウッド主演新作映画初の全編吹き替えを担当した。アニメ出演作は、「GO!GO!アトム」(お茶の水博士)、「フィニアスとファーブ」(ドゥーフェンシュマーツ博士)、「スター・ウォーズ」シリーズ(ヨーダ)など多数。

左:星野 貴紀(ほしの たかのり)
1980年生まれ/栃木県出身
「ジャスティス・リーグ」ほか、DCユニバース作品や「コードネーム U.N.C.L.E.」などでヘンリー・カヴィルの声を担当し、「プリズン・ブレイク」「SUITS/スーツ」などの海外ドラマでも活躍。アニメ出演作は、「モブサイコ100 Ⅱ」(芹沢)、「遊☆戯☆王5D‘s」(ジャック・アトラス) 、「アイシールド21」(十文字一輝)など多数。
 

放送概要

『荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】』
■放送日:5月16日(日)21:00~、5月31日(月)10:30~

クリント・イーストウッド出演の戦争アクション!独軍最強の要塞を舞台に、
捕われた米軍将校を救出しようとする7人の兵士の潜入作戦を描く。


第二次世界大戦で連合軍がようやく反撃に移ろうとしている頃。“鷲の城”と呼ばれる独軍の
情報本部に、米国のカーナビー将軍が捕われの身となっていた。ジョン・スミスを始めとする
6人の英軍情報部の諜報員と、米国レンジャー部隊シェイファー中尉による決死の潜入・
救出作戦が始まった!
監督              :ブライアン・G・ハットン
出演(声の出演):クリント・イーストウッド(山田康雄/追録:多田野曜平)、
        リチャード・バートン(木村幌/追録:星野貴紀)ほか
製作年、製作国: 1968年、アメリカ=イギリス

さらに!クリント・イーストウッドの誕生日である5月31日(月)は、イーストウッド主演の『戦略大作戦』も併せて放送!
『戦略大作戦』
■放送日:5月31日(月)13:30~
 
クリント・イーストウッド、ドナルド・サザーランドが共演した戦争アクション。
第二次世界大戦下のフランスで、金の延べ棒を奪うべく米軍小隊が奔走する!
監督:ブライアン・G・ハットン
出演:クリント・イーストウッド/ドナルド・サザーランド/テリー・サヴァラス
製作年、製作国:1970年、アメリカ

 

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • スカパーサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円 詳しくはこちら
  • J:COMでムービープラスを見るのがお得な4つの理由

オススメコンテンツ

荒鷲の要塞【ムービープラス吹替追録版】:⒞ Turner Entertainment Co.
ページトップへ