知って得する!

料理家 渡辺ひと美のカンタン!レシピ おうちで映画ごはん

レシピを探す

movie plus 021

映画『きみに微笑む雨』より

“鶏肉とカシューナッツ四川風炒め”

淡い恋心は、10年を経た今、ピリッと大人味。

アメリカ留学先で知り合った、韓国人のドンハ(チョン・ウソン)と中国人のメイ(カオ・ユアンユアン)は、10年ぶりに中国の四川でばったり再会します。学生時代に好意を抱いていたのに言い出せず離ればなれになっていた2人は、10年ぶりに一緒にお酒を飲み、公園でデートをし、軒先で雨宿りをしながら、また惹かれ合っていきます。しかしメイの心の奥には秘密がありました・・・。原題は『好雨時節』、英題は『A Good Rain Knows』、良い雨は降る時を知る、という意味。2人に微笑む雨のタイミングは、「今」なのでしょうか? 今回のお料理は舞台となった四川にちなんで、ピリッと辛い「鶏肉とカシューナッツ四川風炒め」です。お好みで辛さを調節して作ってみてくださいね。

2012/01/13 UP
鶏肉とカシューナッツ四川風炒め

材料(4人分)

鶏もも肉    ・・・ 1枚(約300g)
カシューナッツ ・・・ 90g
揚げ油     ・・・ 適宜
片栗粉     ・・・ 大さじ2
長ねぎ     ・・・ 1/2本
しょうが    ・・・ 1かけ
ピーマン    ・・・ 1個
赤ピーマン   ・・・ 1個
サラダオイル  ・・・ 大さじ5
サラダオイル  ・・・ 大さじ2
唐辛子     ・・・ 4〜6本

≪A:鶏肉下味≫
しょうゆ    ・・・ 小さじ1
酒       ・・・ 大さじ2
塩・こしょう  ・・・ 少々
しょうが汁   ・・・ 小さじ2

≪B:たれ≫
砂糖      ・・・ 小さじ2
しょうゆ    ・・・ 小さじ2
酢       ・・・ 小さじ1
酒       ・・・ 小さじ1
塩       ・・・ 小さじ1/2
中華スープの素(顆粒) ・・・ 小さじ1/2(※大さじ6の湯で溶かしておく)
片栗粉    ・・・ 大さじ2

作り方

下準備
  1. 鶏肉は、余分な脂とスジを取り除いて、1.5〜2cm角に切ります。
  2. ≪A鶏肉下味≫の調味料を混ぜ合わせ、1と一緒にビニール袋に入れて手で良くもみ込み、約15分ほど置いて味を染み込ませます。
  3. 長ねぎを1cmの小口切りにし、しょうがを薄切りにします。
  4. ピーマンと赤ピーマンを1cm角に切ります。
  5. ≪Bたれ≫の調味料を全て混ぜ合わせておきます。
  6. カシューナッツを低温160度できつね色になるまで揚げます。
  7. 2で下味を付けた鶏肉に片栗粉をまぶし、6と同じ油を使い170度できつね色になるまで揚げます。
調理:下準備したものをすべて手が届く所に用意してから、手早く仕上げていきます!
  1. 中華鍋もしくはフライパンにサラダオイル(大さじ5)を入れて、鍋に良く馴染ませてから、サラダオイルを取り出します。新しいサラダオイル(大さじ2)を入れ、唐辛子を弱火で炒め、3の長ねぎとしょうがを加えて香りがたつまで炒めます。
  2. 4のピーマンと赤ピーマンを加えて軽く炒め、6のカシューナッツと7の鶏肉を入れて混ぜ合わせます。
  3. ピーマンの色が鮮やかになったら5のたれを回し入れて、全体を炒め合わせ、味見をして、必要であれば塩・こしょうで味を整え、お皿に盛りつけたら完成です。
ポイント
  • 鶏肉とカシューナッツの下準備をしっかりすることが大切です。
  • 野菜などは火の通る時間を同じにするために、同じ大きさに揃えて切りましょう。
  • 炒める時は、盛りつけするお皿も準備しておき、手早く仕上げましょう。
  • 唐辛子は、長く炒めると辛さが増します。お好みに合わせて量や炒める時間を調整して下さい。
渡辺ひと美

料理家

渡辺ひと美

資格:
調理師・フードコーディネーター・唎酒師(酒匠・講師)・焼酎アドバイザー・
日本酒サービス研究会酒匠研究会連合会(副会長)
料理が全くできない母と、料理がプロ並みに上手な父の間に育ち、母の料理があまりに・・・だったもので、父と共にキッチンに立ち料理を覚えてきました。 料理番組のアシスタントをはじめ、料飲店・和菓子屋などのプロデュースや、日本酒のソムリエである唎酒師協会の副会長兼講師もつとめている。 酒蔵や農家などに自ら足を運び、生産者の様々な想いを伝えて行きたいと、自身で西麻布にて和食屋を経営している。 身近な料理を通して、さらに楽しく幸せになれる美味しい時間を多くの人に持ってもらいたいと、飲食に関する講演も含め幅広い活動をしている。

レシピ一覧