知って得する!

料理家 渡辺ひと美のカンタン!レシピ おうちで映画ごはん

レシピを探す

movie plus 163

映画『トリプルヘッド・ジョーズ』より

“サメのアイシングクッキー”

恒例!サメフェス2017開催!!

3つの頭を抱えた突然変異体の巨大サメ『トリプルヘッド・ジョーズ』のほか、衝撃度、破壊力、食欲、すべて2倍の『ダブルヘッド・ジョーズ』、メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く『メガ・シャークVSメカ・シャーク』『メガ・シャークVSグレート・タイタン』、人喰いザメ×巨大竜巻の脅威を描く『シャークネード エクストリーム・ミッション』『シャークネード』を一挙放送。恐ろしい海での戦いを観ながら、安全なおうちで、かわいいサメクッキーにかぶりつけ!

2017/06/23 UP
サメのアイシングクッキー

材料(約20個分)

≪クッキー≫
薄力粉          ・・・ 120g
無塩バター        ・・・ 50g
砂糖           ・・・ 40g
卵            ・・・ 1/2個
バニラエッセンス     ・・・ 少々

≪アイシング≫
アイシングパウダー    ・・・ 150g
アイシングカラー(白・黒)・・・ 極少量ずつ
コルネ(絞り袋)     ・・・ 4つ

作り方

    ≪クッキー≫

  1. ボウルに、室温で柔くなった無塩バターと砂糖を入れて、泡立て気で白っぽくなるまでしっかりと混ぜ合わせます。
  2. 1に溶き卵を少しづつ加えながら泡立て器で混ぜ合わせます。バニラエッセンスを加え、更に混ぜ合わせます。
  3. 2に振るった薄力粉を加えて、木ベラかゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせ、ひとまとめにし、ビニール袋に入れて適当に手で潰し、冷蔵庫で30分ほど休ませます。
  4. 打ち粉(材料記載別)をふるった台の上で、3の生地をめん棒で5mmの厚さに伸ばし、サメのクッキー型で生地を抜き、オーブンシートをひいたオーブン皿に、サメ型生地を隙間をあけて置いていきます。
  5. 170℃に熱したオーブンで約10分焼きます。焼けたら網の上に取り出し冷まします。

    ≪アイシング≫

  1. 硬めのアイシングを3種類【A白】【Bグレー】【C黒】作ります。
    小さめの2つのボウルそれぞれに、アイシングパウダー30gと水3.5ccを加えてツヤが出るまで混ぜます。硬すぎるようであれば、極極少量の水を加え混ぜます。
    片方はそのまま【A白】として使います。
    もう片方のボウルに黒色のアイシングカラーを極少量加え、【Bグレー】を作ります。
    別のボウルに【A白】から小さじ1を移し、黒色のアイシングカラーを入れて【C黒】を作ります。少量なので、乾かないようにラップをしておきます。
  2. 普通の固さのアイシング【Dグレー】を作ります。
    新たなボウルにアイシングパウダー90gと水15ccを加えてツヤがでるまで混ぜ、黒色のアイシングカラーを足して【Dグレー】を作ります。
  3. A~Dをそれぞれ別のコルネに入れて、空気を抜いてから上を数回折ってセロハンテープでとめ、絞り口となる先端を1mm前後の太さになるようにハサミで切ります。

    ≪サメの絵を描く≫

  1. 【Bグレー】で、サメ型クッキーの縁をなぞります。
  2. 【A白】でサメの歯を描きます。
  3. 【Dグレー】で9の縁どりの中を埋め、乾かします。
  4. 【A白】でエラを描きます。
  5. 【C黒】で目を描き、完全に乾いたら完成です。
ポイント
  • クッキーを焼くオーブンの温度や時間は機種によって異なります。
  • アイシングカラーは、お好みの色を使ってアレンジしてみてください。
  • アイシングカラーは、食紅を極少量の水で溶いたもので代用できます。
  • コルネ(絞り袋)はオーブンシートで作ることができます。
    長方形のオーブンシートを対角線上で切り、直角三角形にします。直角部分を上にし、直角部分から一番長い辺に垂直に下した点(コルネの円すいの先端になります)を指で押さえます。短い辺の角を直角部分に合わせるように丸め、次に長い辺の角を直角部分に合わせるように巻き付けて円すいを作ります。最後に直角部分を内側に折り曲げて円すいを固定し、コルネの完成です。アイシングをいれたら上を折り曲げて、先端をハサミで切って使います。
渡辺ひと美

料理家

渡辺ひと美

資格:
調理師・フードコーディネーター・唎酒師(酒匠・講師)・焼酎アドバイザー・
日本酒サービス研究会酒匠研究会連合会(副会長)
料理が全くできない母と、料理がプロ並みに上手な父の間に育ち、母の料理があまりに・・・だったもので、父と共にキッチンに立ち料理を覚えてきました。 料理番組のアシスタントをはじめ、料飲店・和菓子屋などのプロデュースや、日本酒のソムリエである唎酒師協会の副会長兼講師もつとめている。 酒蔵や農家などに自ら足を運び、生産者の様々な想いを伝えて行きたいと、自身で西麻布にて和食屋を経営している。 身近な料理を通して、さらに楽しく幸せになれる美味しい時間を多くの人に持ってもらいたいと、飲食に関する講演も含め幅広い活動をしている。

レシピ一覧