10月の特集

YKK AP ムービープラス・プレミア

【総力特集 ゾンビ・パラダイス2017】追悼:ジョージ・A・ロメロ



追悼:ジョージ・A・ロメロ
10/6(金)
 20:55 『ゾンビを愛した男、ジョージ・A・ロメロ
 21:00 『ゾンビ[ディレクターズカット版]
 00:00 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
 翌2:00 『ダイアリー・オブ・ザ・デッド
10/7(土)
 4:00 『サバイバル・オブ・ザ・デッド


【ジョージ・A・ロメロとゾンビ映画】
ジョージ・A・ロメロは間違いなく、映画史上最も偉大で、重要な監督の一人だ。彼が創出したリビング・デッド=ゾンビは、今や世界で最も人気と知名度の高いホラー・キャラクターとなり、彼の作品は、後に続く映画やテレビはもちろん、ゲームや小説、コミックなど、ジャンルを超越して世界中の多くのクリエーターたちに影響を与え続けている。それは、ロメロがゾンビ映画を通し、弱肉強食の現代社会と紛争やテロが続く混迷の世紀末的世界、そしてそこでサバイバルを続ける人間、つまり今を生きる我々そのものを描き続けてきたからにほかならない。

ゾンビは怪物でも幽霊でもない。それは死から蘇り、自分の意思を失った人間の成れの果ての姿。だから怖く、哀しい。神や仏の助けも一切期待できない“宗教の無力さ”と、あの世にさえ逃げられない“霊魂の不在”、感染によってコミュニケーションは断絶し、愛も友情も崩壊する“究極の難病映画”。その救いのない世界こそ、古くからあったブードゥー教の呪術によるゾンビとは一線を画す、ロメロ版ゾンビの底なしの恐怖と哀愁の核心だ。

ロメロのゾンビ世界では、人間はすべての人種性別にかかわらず、自らの力で地獄の難局を乗り越えなければならない。そして、常にゾンビより恐ろしく、醜いのは欲望にまみれた生きた人間たちである。ロメロがその作品で追い求め続けたのは、消え行く“人間性”の重要さ、そして模索し続けたのは蘇った死者とのコミュニケーションの可能性。そのブレないテーマの追求によって、ロメロはゲテモノ扱いされてきたホラーを、文化人類学的社会派SFにまで昇華させ、<ゾンビ映画>というとてつもなく巨大なジャンルの支柱にして教祖的存在となって崇められている。

たとえロメロが世を去っても、その意志を継ぐゾンビ映画はこれからも永遠にスクリーンに蘇り続けるだろう。この世界で、人間たちが醜い殺し合いを止めない限り。
江戸木純(映画評論家)


10/31(火)ハロウィンにイッキ観!「ゾンビ・パラダイス2017」はこちら

放送予定

【総力特集 ゾンビ・パラダイス2017】ゾンビ・パラダイス2017



10/31(火)ハロウィンにイッキ観!
 13:40 『ゾンビを愛した男、ジョージ・A・ロメロ
 13:45 『ゾンビ[ダリオ・アルジェント監修版]
 16:00 『ロンドンゾンビ紀行
 17:45 『ベルリン・オブ・ザ・デッド
 19:00 『マギー
 23:30 『ゾンビスクール!
 翌1:15 『ゾンビ・ファイト・クラブ


【ジョージ・A・ロメロとゾンビ映画】
ジョージ・A・ロメロは間違いなく、映画史上最も偉大で、重要な監督の一人だ。彼が創出したリビング・デッド=ゾンビは、今や世界で最も人気と知名度の高いホラー・キャラクターとなり、彼の作品は、後に続く映画やテレビはもちろん、ゲームや小説、コミックなど、ジャンルを超越して世界中の多くのクリエーターたちに影響を与え続けている。それは、ロメロがゾンビ映画を通し、弱肉強食の現代社会と紛争やテロが続く混迷の世紀末的世界、そしてそこでサバイバルを続ける人間、つまり今を生きる我々そのものを描き続けてきたからにほかならない。

ゾンビは怪物でも幽霊でもない。それは死から蘇り、自分の意思を失った人間の成れの果ての姿。だから怖く、哀しい。神や仏の助けも一切期待できない“宗教の無力さ”と、あの世にさえ逃げられない“霊魂の不在”、感染によってコミュニケーションは断絶し、愛も友情も崩壊する“究極の難病映画”。その救いのない世界こそ、古くからあったブードゥー教の呪術によるゾンビとは一線を画す、ロメロ版ゾンビの底なしの恐怖と哀愁の核心だ。

ロメロのゾンビ世界では、人間はすべての人種性別にかかわらず、自らの力で地獄の難局を乗り越えなければならない。そして、常にゾンビより恐ろしく、醜いのは欲望にまみれた生きた人間たちである。ロメロがその作品で追い求め続けたのは、消え行く“人間性”の重要さ、そして模索し続けたのは蘇った死者とのコミュニケーションの可能性。そのブレないテーマの追求によって、ロメロはゲテモノ扱いされてきたホラーを、文化人類学的社会派SFにまで昇華させ、<ゾンビ映画>というとてつもなく巨大なジャンルの支柱にして教祖的存在となって崇められている。

たとえロメロが世を去っても、その意志を継ぐゾンビ映画はこれからも永遠にスクリーンに蘇り続けるだろう。この世界で、人間たちが醜い殺し合いを止めない限り。
江戸木純(映画評論家)


「追悼:ジョージ・A・ロメロ」はこちら

放送予定

木曜アクション

ウィークエンド・シアター

プライベート・シアター

HOMEへ戻る