おうちで映画ごはん

Vol.063

映画『エマニエル夫人』より

"本格スープと鶏肉のフォー"

暑い夏に、ベトナムの香り

1974年当時、女性が見られるアンニュイな官能映画として大ヒットし、エマニエルを演じたシルヴィア・クリステルは世界的に有名になりました。エマニエルは、外交官である夫ジャンの赴任先、タイ・バンコクへ渡ります。現地のパーティで出会った有閑マダムや女性考古学者などとテニスクラブや水上マーケットへ行くようになり、いつしか同性との愛に目覚めます。そんな時、独自の性の哲学を持つマリオという男に出会い・・・。今回の料理は水上マーケットでも売っていたフォーです。本格スープにベトナム風の薬味たっぷりでどうぞ。

2013/08/23/ UP

材料/作り方

材料(4人分)

≪スープ≫
水          ・・・ 1.8リットル
鶏もも肉       ・・・ 1枚
鶏手羽先       ・・・ 4本
鶏がらスープの素   ・・・ 大さじ1
長ねぎ(緑の部分)  ・・・ 3本〜4本
にんにく       ・・・ 1片
生姜         ・・・ 1片
ヌクナム(ナンプラー)・・・ 大さじ2
砂糖         ・・・ 小さじ3
塩・こしょう     ・・・ 適量

≪具材≫
フォー(米麺)乾麺  ・・・ 320g
紫玉ねぎ       ・・・ 1/2
もやし        ・・・ 1/2袋

≪薬味≫
パクチー(三つ葉)  ・・・ 1束
ライム(レモン)   ・・・ 1/2

作り方

  1. 大鍋に、水・鶏もも肉・鶏手羽先・鶏がらスープの素・長ねぎ・包丁の背で叩いたにんにく・生姜をいれて強火にかけます。沸騰したら弱火にしてアクを取りながら60分(短くても30分以上)煮ます。
  2. 1のスープにヌクナム・砂糖・塩・こしょうを入れて味を調えたら、スープを漉します。
  3. 1の鶏もも肉を食べやすい厚さに切ります。紫玉ねぎを薄切りにし、水にさらします。パクチーを2〜3cmの長さに切ります。ライムをくし切りにします。
  4. フォー乾麺は、パッケージの調理方法に添って茹でて、お湯を切ります。
  5. 器に2のスープと、4のフォーを入れ、その上に3の鶏もも肉・紫玉ねぎと、もやしを乗せ、パクチーを盛り付け、ライムを添えて完成です。

ポイント

  • フォーの代わりに、そうめん、ひやむぎ、細目のうどんなどでも美味しいです。
  • アジアンテイストがお好きな方は、1にシナモンパウダーをひとつまみ入れて煮込んでみてください。
  • 薬味として、ミント・大葉・チリソースなどをお好みで盛り付けてアレンジしてください。

料理家/渡辺ひと美のプロフィール

レシピを探す

このレシピをさがす

HOMEへ戻る