おうちで映画ごはん

Vol.018

映画『フォー・クリスマス』より

"丸鶏のローストチキン 〜栗ときのこのピラフ入り〜"

クリスマスにはおうちで豪華ローストチキン!

面倒な家族付き合いや結婚をせず、気ままなカップル生活を楽しむ2人は、今年のクリスマス休暇も海外ヴァカンス・・・の予定が、濃霧によりフライトがキャンセルに!今まで避けてきた“クリスマス帰郷”をする羽目になってしまいます。イタズラっ子たちと格闘したり、家族とテーブルゲームをしたり、教会でクリスマス劇をしたり、クリスマスツリーを囲み団欒するうちに、いままでわずらわしかった「家族付き合い」や「結婚」のイメージが変わってゆきます・・・。 ラブコメ女王リース・ウィザースプーンとヴィンス・ヴォーンの魅力たっぷり。思いっきり笑えて、ほろりと感動する、クリスマス・ロマンチック・コメディです。今回は大勢で集まるクリスマスにぴったりのお料理を作ってみましょう。

2011/12/02/ UP

材料/作り方

材料(1羽:4〜6人分)

丸鶏(約2kg)   ・・・ 1羽
ローズマリー    ・・・ 5〜6枝
塩         ・・・ 少々
こしょう      ・・・ 少々
お好みの付け合わせの野菜(例:じゃがいも・玉ねぎ・にんじんなど適量)

≪栗ときのこのピラフ≫
米         ・・・ 3合
玉ねぎ       ・・・ 3/4個
マッシュルーム   ・・・ 4〜5個
しめじ       ・・・ 1/2パック
バター       ・・・ 30g
塩         ・・・ 少々
こしょう      ・・・ 少々
皮をむいた甘栗(又は炊き込み用の甘栗)・・・ 120g
水         ・・・ 525ml
コンソメ      ・・・ 1個
塩         ・・・ 小さじ1
茹でたうずらの卵  ・・・ 約4個

作り方

≪栗ときのこのピラフ≫

  1. お米を洗い、ザルに約30分あげておきます。 玉ねぎはみじん切り・マッシュルームは薄切り・しめじは石づきを取って分けておきます。
  2. フライパンにバターをひき、下処理した玉ねぎ・マッシュルーム・しめじを入れ、塩・こしょうを軽くふり中火で炒めます。 玉ねぎが透き通ってきたらお米を加えて、お米が透明になるまで炒めます。
  3. 炊飯器に、1と皮をむいた甘栗・水・砕いたコンソメ・塩を入れて、全体を良く混ぜ合わせてから炊き上げます。
  4. 炊き上がったら、茹でたうずらの卵を加えます。

≪丸鶏≫

  1. 丸鶏は、内側も含め丁寧に水洗いして水気をしっかりと拭き取ります。 内側・外側に、塩・こしょう・ローズマリーをよくすり込み、冷蔵庫で30分以上休ませます。
  2. 丸鶏の腹を下にして置き、丸鶏の中に≪栗ときのこのピラフ≫をしっかりと詰めます。
  3. 中身が出ないように首の部分は背中側に皮をしっかりと引っ張り、タコ糸を使って背中と縫い合わせます。手羽先の背中側にしっかりと引っ張って楊枝などをさして綺麗に成形します。
  4. 次に、腹を上にして足首をタコ糸で結びます。背中側で1度交差させてから足首で固定させれば、綺麗な丸鶏の形ができます。お尻側も綺麗に縫い合わせます。
  5. お好みの付け合わせの野菜を適当な大きさに切りオーブン皿に置き、その上に丸鶏をのせて表面にサラダオイルをぬります。
  6. 230度に温めておいたオーブンで30〜40分、その後、200度に下げて60〜70分焼きます。
  7. その間、流れ出た肉汁をスプーンですくい、丸鶏の表面にかけて皮をこんがりとなるまでパリッと焼き上げます。(約5回)
  8. タコ糸と楊枝を取り除き、足首を一つにまとめてリボンなどで結び、野菜を添えて、盛りつけ完成です。

ポイント

  • 鶏のお腹に入る分だけではピラフの一人当たりの量が少ないので、このレシピの分量は多めです。中に入れても3〜4人分くらい余ります。このまま食べてもとっても美味しいですよ。
  • 焼きながら何度か向きを変え、ムラなくきつね色になるように焼きます。
  • オーブンによって火の通り方が違うので、途中で焼き加減をチェックしてください。
  • ピラフを作る手間を省きたい方は、冷凍食品のピラフやチャーハンでもOK!
  • 針とタコ糸は料理道具屋さんで購入できます。

料理家/渡辺ひと美のプロフィール

レシピを探す

このレシピをさがす

HOMEへ戻る