おうちで映画ごはん

Vol.126

映画『31年目の夫婦げんか』より

"大人のバレンタイン♥苺チョコレート"

ロマンチックな夜にシャンパンと

子供も独立し、寝室は別、朝食も会話も毎日同じ。争いもないけど喜びもなく、結婚31年目の夫婦はただ同じ家に住んでいるだけ。ある日、妻は絆を取り戻したいと思い、1週間の夫婦セラピーに申し込むのですが、ガンコで保守的な夫は不満だらけ。しかしこのままでは妻を失うかもしれないと危機を感じた瞬間、夫は素敵なディナーとホテルを用意するのですが・・・。今回は、夫婦が久しぶりにシャンパンを飲み楽しく過ごした夜に食べた苺をバレンタイン風にアレンジしました。

2016/01/22/ UP

材料/作り方

材料(約12個分)

いちご        ・・・ 1パック
ミルクチョコレート  ・・・ 60〜70g
ホワイトチョコレート ・・・ 60〜70g
金箔         ・・・ 適宜
抹茶         ・・・ 適宜
転写シート      ・・・ 適宜

作り方

  1. 苺を洗って水気をしっかりと拭きます。
  2. ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートを、それぞれボウルに入れて50℃で湯煎し、ツヤが出るまで優しく混ぜながら溶かします。
  3. 苺のヘタの部分を持ち、苺の赤い部分が少し見える程度までチョコレートに潜らせて、パラフィン紙(オーブンシート)に置きます。
  4. デコレーションをします。
    【模様】3でチョコレートコーティングしたら素早く、3でつけたベースと違う色のチョコレートを楊枝に取り、約8mm間隔で線を2〜3本描きます。その後、楊枝で約1cm間隔に縦のラインをひいて模様を作ります。
    【転写シート】転写シートの上に、3の苺を置きます。
    【金粉】3のチョコレートが半乾きになったら、金粉を飾ります。
    【抹茶】3のチョコレートが半乾きになったら、抹茶の粉を振りかけます。
  5. 室温が高ければ冷蔵庫に入れ、チョコレートが固まったら完成です。

ポイント

  • お子様と作る時や可愛く仕上げたい時は、アラザンや、ハートの砂糖菓子や、カラフルなチョコスプレーなどを飾ったり、苺のヘタの中央に棒を刺しても素敵です。
  • 様々な色や味のチョコレートでアレンジしてみてください。

料理家/渡辺ひと美のプロフィール

レシピを探す

このレシピをさがす

HOMEへ戻る