おうちで映画ごはん

Vol.108

映画『ミラノ、愛に生きる』より

"ロシアの魚スープ(ウハー)"

誰をも魅了する味

美しいロシア人エンマ(ティルダ・スウィントン)はミラノの富豪レッキ家に嫁ぎ、3人の子供達も成長しました。ある時エンマは息子の友人でシェフのアントニオに出会い、彼の料理の味にうっとり。いつしか2人は甘美な情事に溺れ、共に過ごしお互いの料理を楽しむように。ある夜レッキ家のディナーに、アントニオがエンマの得意料理ロシアの魚スープ(ウハー)を作ったことで、息子は母とアントニオの関係に気づき・・・。今回は疑惑を生んだ料理ウハーです。

2015/05/15/ UP

材料/作り方

材料(3人分)

魚(タラ・タイ・イサキ・シャケ・マスなど) ・・・ 1匹(約40cm)
魚の切身(骨なし)   ・・・ 6〜9枚
にんじん        ・・・ 1本
じゃがいも       ・・・ 2個
玉ねぎ(小)      ・・・ 2個
セロリ         ・・・ 1/2本
ローリエ        ・・・ 1枚
クローブ        ・・・ 小さじ1
サフラン        ・・・ ひとつまみ
塩           ・・・ 適宜
こしょう        ・・・ 少々
ディル         ・・・ 少々
レモンまたはライム   ・・・ 1個

作り方

  1. 魚(今回はイサキを使用)のウロコを包丁の背などを使って綺麗に取り除きます。続いて腹を切り、内蔵やエラなどを取り除いたらヒレも含め良く洗います。
  2. 魚の切身をそれぞれ約4等分の大きなぶつ切りにします。
  3. にんじん・じゃがいも・玉ねぎの皮をむきます。にんじんを約3等分、じゃがいもを4〜6等分に切ります。
  4. 大きめの鍋に、1の魚・玉ねぎ丸ごと・セロリ・ローリエ・クローブを入れ、具材が隠れる高さから約3cm上部まで水を加えて、中火で約90分間、アクを丁寧に取りながらゆっくり煮てスープを取り、その後スープを漉します。残った具材の味は全てスープに移っているため破棄します。
  5. 漉したスープを鍋に入れ、3のにんじん・じゃがいもと、サフラン・塩・こしょうを加え、野菜に火が通るまで約15〜20分間煮ます。
  6. 火から下ろす前に2の魚の切身を入れて火を通し、味見をして塩・こしょうで味を整えます。
  7. 器に移し、ディルを飾って完成です。食べるときにレモンやライムを絞っていただきます。

ポイント

  • 魚は、材料に挙げた種類以外でも、スズキやサワラなどの白身魚や、淡水魚、根魚などでも良いです。
  • 4で煮る時に、煮立たせるとスープが濁る原因となります。また玉ねぎを入れると風味は増しますが、スープが濁るので入れなくても良いです。お好みで試して下さい。
  • 4でアクをしっかりと取ると雑味や臭みの少ない綺麗なスープになるので、根気良く丁寧にアクを取り除きましょう。

料理家/渡辺ひと美のプロフィール

レシピを探す

このレシピをさがす

HOMEへ戻る