おうちで映画ごはん

Vol.098

映画『ニューイヤーズ・イブ』より

"レアチーズクリーム苺ソース"

わだかまりも溶かしてくれる優しいデザート

ゲイリー・マーシャル監督率いる『バレンタインデー』のスタッフが豪華キャストで贈る、ニューヨークで大晦日を迎える人々の絆の物語。頑固で余命わずかな老人(ロバート・デ・ニーロ)と娘(ハル・ベリー)、故障したエレベータ内で出会った漫画家(アシュトン・カッチャー)と歌手(リア・ミシェル)、元カレ(ジョン・ボン・ジョヴィ)が歌う音楽パーティで料理を作るシェフのローラ(キャサリン・ハイグル)。彼らの絆は・・・。今回の料理はローラが作っていたデザートです。

2014/12/26/ UP

材料/作り方

材料(4〜5人分)

クリームチーズ ・・・ 100g
ヨーグルト   ・・・ 70g
生クリーム   ・・・ 150g
牛乳      ・・・ 50ml
レモン果汁   ・・・ 大さじ1
砂糖      ・・・ 大さじ1

<苺ソース>
苺       ・・・ 100g
グラニュー糖  ・・・ 10g
レモン果汁   ・・・ 適宜

作り方

  1. 小鍋に、約4等分に切った苺・グラニュー糖・レモン果汁を入れて、弱火にかけ、木べらで鍋底からゆっくりかき回しながら30分間煮詰め、苺ソースを作ります。多少ゆるくても、冷めると自然にトロミがでてきます。
  2. ボウルに、常温に戻して柔らかくなったクリームチーズと砂糖を入れます。泡立て器で砂糖を溶かしながら滑らかになるまで混ぜます。人肌に温めた牛乳を加えて混ぜ合わせ、次にヨーグルト・レモン果汁を加え、滑らかになるまで混ぜ合わせます。
  3. 2に七分立てにした生クリームを加え、生クリームの泡を潰さないように、切るようなイメージで丁寧に素早く全体を混ぜ合わせます。
  4. 透明の器を用意し、3のレアチーズクリームを搾り出し袋に入れて、器の底に口を押し付けるように絞り出し、絞り出すと共に徐々に底から離していき、半量位で止めます。1の苺ソースを器にお好みで加え、再びレアチーズクリームを搾り出します。
  5. 器の外からも苺ソースが見えるように、スプーンの柄(え)などを使用して、中程で入れた苺ソースをランダムに優しく混ぜ合わせ、表面を簡単にならします。
  6. 苺ソースをスプーンで回しかけて、冷蔵庫で約1時間冷やして完成です。

ポイント

  • 苺の代わりに冷凍苺を使うと、解凍した際に柔らかいので扱いやすいです。
  • 苺ソースに使うレモン果汁の分量は、苺の酸味に合わせて味見をしながらお好みで調整して下さい。
  • クリームチーズを室温に戻す代わりに、電子レンジで柔らかくしても良いです。
  • レアチーズクリームにレモンの皮の擦りおろしを加えたり、苺ソースに洋酒をいれたりアレンジをして楽しんでみて下さい。
  • シャンパングラスを器として使うなど、シーンに合わせるとより楽しめます。

料理家/渡辺ひと美のプロフィール

レシピを探す

このレシピをさがす

HOMEへ戻る