映画の処方箋

Vol.075

『オーストラリア』

百%オーストラリア製ハイブリッド西部劇

映画には恋愛、コメディ、ミュージカル、アクション、SF、ホラーなどのジャンルがあって、たいてい1本の映画には1本のジャンルが振り当てられる。だからこそレンタルDVD屋の棚の仕分けが可能なわけだが、たまに複数のジャンルをまたいだハイブリッドな映画が登場する。バズ・ラーマンの『オーストラリア』は、その1本だ。

なにせ“オーストラリア”と聞いただけでは、建国の苦難を描いた歴史映画なのか、それともカンガルーの生態を描いたドキュメンタリーなのかわからない。が、実はどんな映画でもビジュアルを見れば映画の売りがわかるもので、『オーストラリア』の場合は、中央でニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンが頬寄せ、その横にアボリジニの老人と少年、背景に戦闘機の影が描かれたポスターおよびジャケットのイメージがそれ。つまり、この映画には美男美女のロマンスがあり、マイノリティー問題があり、戦争があるということ。だが、それだけではない。

ここで、あらすじを簡単に紹介しよう。日本軍が真珠湾を攻撃する少し前のこと。オーストラリアの領地に行ったまま帰らない夫を連れ戻し、土地を売るために英国からレディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)が港町ダーウィンにやってくる。夫アシュレイ卿が迎えに差し向けたのはドローヴァー(牛追い)と呼ばれる荒くれ男(ヒュー・ジャックマン)。彼はアシュレイ卿に頼まれ1500頭の牛を港まで移動させることになっていた。その辺りの土地は食肉王キング・カーニー(ブライアン・ブラウン)のもので、食肉業の独占を狙うカーニーにとって、アシュレイ卿は目の上のコブだった。領地に到着したサラを待っていたのは、牧童のフレッチャー(デヴィッド・ウェンハム)と夫アシュレイ卿の遺体だった。フレッチャーによれば、夫はキング・ジョージ(デヴィッド・ガルピリル)というアボリジニの槍で殺されたという。アボリジニの少年ナラからフレッチャーがカーニーに領地の牛を横流ししていると聞いたサラは、彼をクビにし、夫の計画を引き継いで、自ら牛をダーウィンまで動かして軍に売り、その金で領地を立て直そうと決意するのだが…という風に進んでいく。つまり、ジャンルはハイブリッドだが、ストーリーの基本は西部劇、なのである。

ただし、『オーストラリア』はいわゆる普通の西部劇ではない。特に先住民アボリジニの描き方は、ハリウッド製西部劇の先住民(いわゆるインディアン)の描き方とはまったく違っていて、優れて現代的である。アボリジニだけでなく、中国人などのマイノリティー移民や男女の性差別問題にまでしっかりと気配りされ、そのポリティカリー・コレクトな視点がいかにもオーストラリア映画らしいと私は思う。

監督のバズ・ラーマンは卓越した映像センスに定評がある人で、デビュー作の『ダンシング・ヒーロー』は社交ダンスの世界を舞台にしたキッチュなスポ根物だったし、2作目はレオナルド・ディカプリオ&クレア・デインズ主演の現代版『ロミオ&ジュリエット』、3作目の『ムーラン・ルージュ』はニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが世紀末のパリでロックを歌うミュージカルだった。毎回実験的な試みをしている彼にしては、『オーストラリア』は、かなり王道に近い西部劇なのだけれども、冒頭のナラ少年の回想から始まるシークエンスの美しさや、西部劇ではお約束の牛の暴動シーンの迫力(ありえないほど危険な地形)などは、やっぱりバズ・ラーマンだなと私は思う。

特に私が好きなのは、彼の(オーストラリア的と言ってもいい)ユーモアのセンスで、それはニコール・キッドマン演じるレディ・アシュレイの愛すべきキャラクター作りに存分に発揮されている。彼女に比べ、受けに回ったヒュー・ジャックマンは、演技的には見せ場が少ないが、カッコイイ乗馬姿や、理由なく脱いでは美しく鍛えあげた肉体を見せてくれる場面がちゃんとあって、両スターのバランスは、きちんととれている。この辺の気配りもさすがである。

そして、この映画の最大の売りは(題名に誇らしげにうたわれている通り)すべてオーストラリア製だということだ。監督・スタッフはもとより、2人の主演スターから脇役まで、オーストラリア人俳優で固められている。少し前までハリウッドで主役を張れるオーストラリア出身俳優といったらメル・ギブソンくらいしかいなかったことを思うと隔世の感がある。つまりは、『ロード・オブ・ザ・リング』あたりから、世界的にぐっとメジャーな存在になってきたオーストラリア映画の実力が結実した百%オージーな映画、それが『オーストラリア』なのである。

もっと見る

ライター 斎藤敦子のプロフィール

前へ次へ

HOMEへ戻る