TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2015

5.24[sun]第68回カンヌ映画祭受賞結果発表!

2017年9月

       123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

« 6月

Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube

Local Report|現地レポート

Youtube

2015/06/16 11:04:41 UP

コーエン兄弟、グザヴィエ・ドラン、ジェイク・ギレンホールほか カンヌ映画祭 受賞後記者会見 審査員団総評

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。審査委員長のコーエン兄弟をはじめ、審査員団が今年の総評をコメント。

<審査委員長>

ジョエル・コーエン(アメリカ、監督・脚本家)

イーサン・コーエン(アメリカ、製作・脚本家)

<審査員>

ロッシ・デ・パルマ(スペイン、女優)

ソフィー・マルソー(フランス、女優・監督)

シエナ・ミラー(イギリス、女優)

ロキア・トラオレ(マリ、作曲家・シンガーソングライター)

ギレルモ・デル・トロ(メキシコ、監督・脚本家・プロデューサー)

グザヴィエ・ドラン(カナダ、監督・脚本家・プロデューサー・俳優)

ジェイク・ギレンホール(アメリカ、俳優)

 

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

 

Youtube

2015/06/16 11:00:32 UP

ホウ・シャオシェン監督賞受賞『黒衣の刺客』カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。監督賞に輝いたホウ・シャオシェン監督の『黒衣の刺客』。日本から妻夫木聡が出演し話題になった作品です。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

 

Youtube

2015/06/16 10:58:26 UP

ティム・ロス、ミシェル・フランコ監督『クロニック(原題)』脚本賞受賞 カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。脚本賞に輝いたミシェル・フランコ監督の『クロニック(原題)』。出演したティム・ロスも登場。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

Youtube

2015/06/16 10:56:29 UP

ルーニー・マーラ女優賞受賞『キャロル(原題)』トッド・ヘインズ監督 カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。女優賞に輝いたトット・ヘインズ監督の『キャロル(原題)』。受賞したルーニー・マーラの代理でトッド・ヘインズ監督が登場。

 

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

Youtube

2015/06/16 10:54:19 UP

パルム・ドール受賞ジャック・オディアール監督『ディーパン(原題)』カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。最高賞のパルム・ドールに輝いた『ディーパン(原題)』のジャック・オディアール監督です。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

Youtube

2015/05/25 11:20:47 UP

いいひと!ティム・ロス&ミシェル・フランコ監督、脚本賞受賞『クロニック(原題)』のフォトコール後

脚本賞を受賞した『クロニック(原題)』フォトコール後の

渋~いティム・ロスと、髪の毛ふかふかミシェル・フランコ監督です。

気さくにサインしてくれています。

Youtube

2015/05/19 22:52:59 UP

マシュー・マコノヒー「日本は料理が美味しくてビールが冷たくて最高」 インタビュー『シー・オブ・ツリー』

マシュー・マコノヒーが「日本の観客が映画を見てどう思うかを考えた」という『シー・オブ・ツリー』は日本を舞台にしたガス・ヴァン・サント監督の新作で、コンペティション出品作です。共演の渡辺謙さんに美味しいレストランに連れて行ってもらったそうです!

Youtube

2015/05/19 22:50:44 UP

ナオミ・ワッツ「自殺の名所、樹海を初めて知ってショックでした」 インタビュー『シー・オブ・ツリー』

ナオミ・ワッツは「今回はガス・ヴァン・サント監督だから参加しました、マシュー・マコノヒーとの共演も素晴らしかったです、彼の最近の作品は大好き。」そして「オハヨウゴザイマス!ワタシハ ナオミデス!オツカレサマー」と流暢な日本語も披露!

Youtube

2015/05/19 22:48:04 UP

ガス・ヴァン・サント「渡辺謙もいたし日本で撮影したかったけど3日間だけだった」 インタビュー『シー・オブ・ツリー』

「富士の樹海は人が死を選ぶ場所として特有だよね、不思議な魅力を感じるんだ」というガス・ヴァン・サント。新作『シー・オブ・ツリー』はパルム・ドール受賞なるでしょうか。

Youtube

2015/05/19 14:31:09 UP

直撃取材!樹木希林さん「大勢の前で恥ずかしくってガマの油汗」河瀬直美監督、永瀬正敏さん他『あん』公式上映直後

第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品『あん』公式上映後の取材で、河瀬直美監督、樹木希林さん、永瀬正敏さん、内田伽羅さん、原作者のドリアン助川さんを取材しました。

河瀬直美監督が、「ドリアン助川さんの原作の出版からカンヌ映画祭上映までの間に関わった様々な人や、ハンセン病を患った多くの魂を想うと、希望を捨てずに誰かと誰かが出会えばここまで来れるんだということを伝えたい。」と語ると、樹木希林さんがすかさず「こんな見事なコメントする姿が、女優~!」と河瀬監督のおへそが見えるセクシーな衣装を紹介。すると河瀬監督が「永瀬くんがみてくれません・・・」、永瀬さん「目のやり場に困ります」。

次のページへ

現地レポーター

マドモワゼル・ウオ子(特派員)
マドモワゼル・ウオ子(特派員)

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。カンヌ映画祭暦10年目!今年も不屈の精神でレポートに挑むわよ。チャームポイントは大きな瞳とバサバサなまつ毛。欠点は面食い。イケメンを見るとついつい目がハートに。好きな映画は「ズーランダー」。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通していることでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

まつかわゆま(シネマアナリスト)
まつかわゆま(シネマアナリスト)

演劇に明け暮れた大学卒業後、女性誌編集者を経て映画ライターに。映画から時代を読むシネマアナリストをめざし、雑誌・テレビ・ラジオ・ウェブなどに書いてしゃべって四半世紀を超えました。東放学園講師など、先生業も。現在、大学院でドキュメンタリー映画を研究中、第三の青春を謳歌しています。著書に『映画ライターになる方法』(青弓社)、『シネマでごちそうさま』(近代映画社)など。

まんねん(特派員)
まんねん(特派員)

大学卒業後、約10年間TVCM制作に携わり、その後ムービープラスへ。自称映画好き。今年痺れたのは『セッション』。最近は、ダルデンヌ兄弟やテリー・ギリアム監督にインタビューするなど。7年ぶりにカンヌへ参戦。