TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2015

5.24[sun]第68回カンヌ映画祭受賞結果発表!

2017年11月

   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930      

« 6月

Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube

Local Report|現地レポート

立田敦子

2015/05/26 00:57:23 UP

今年のラスト・インタビューはメキシコの新生

試写&インタビューにほぼ明け暮れた12日間。

最終日のインタビューは、『クロニック(原題)』の主演のティム・ロスとミシェル・フランコ監督。フランコ監督は、メキシコの新鋭です!!

3年前に「ある視点」大賞を受賞したとき、審査員長をしていたのが、ティム・ロスでした。

それがきっかけで、一緒に作品を作ることになったというふたり。

カンヌがもたらす予期せぬ奇跡、ですね!

その後、フランコ監督は脚本賞を受賞されました!

おめでとうございます!!

立田敦子

2015/05/25 01:05:31 UP

黒沢作品に惚れ込んだ審査委員長はこのお方!

祝!黒沢清監督!

もうご存知のように「ある視点」部門で黒沢監督の『岸辺の旅』が監督賞を受賞しました!

ということで、授賞式で監督だけでなく、審査委員長のイザベラ・ロッセリーニさんを激写。

今年のカンヌのポスター・ヴィジュアルになっているイングリット・バーグマンとイタリアの名匠ロッセリーニの娘さん。デヴィッド・リンチの『ブルーベルベット』などで知られている女優さんですが、相変わらず美しい!

立田敦子

2015/05/23 17:07:59 UP

市長のランチ会でJ・ギレンホールを激写!

 

映画祭も後、残すところ後3日という金曜日。恒例のカンヌ市長主催の審査員団とジャーナリストのランチ会に行ってきました。

去年は雨で中止となりましたが(ガーデンで行われるため)、今年は天候に恵まれ、野外での食事も気持ちがいいです。

審査員のメンバー、ジェイク・ギレンホールくんが、フレンドリーに近寄ってきてくれたので激写。いつも彼はいい感じです。

日本でやっと公開になる『ナイトクローラー』の演技も神がかっています。来日もしてくれるといですね!

立田敦子

2015/05/23 16:55:34 UP

ポール・ダノくんをインタビュー!

いよいよ映画祭も終盤です!

評判のいいイタリアの鬼才パオロ・ソレンティーノ監督が英語で撮った『若さ(原題)』組のインタビューに行ってきました。

で、ポール・ダノを激写。インタビュー時の写真がNGという俳優さんもいますが、彼はナイスですね。

ポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などで注目されたクセ者俳優ですが、是枝監督とかもお好きらしいので、ぜひ、日本映画にも出て欲しい!

立田敦子

2015/05/18 21:30:16 UP

往年のスター女優を激写!

新しい監督だけではなく、古き名作を残すのも現代の映画人の勤め。

ということで、マーティン・スコセッシが立ち上げたフィルムの修復・保存を行う財団「ザ・フィルム・ファンデーション」が新たに修復を手がけたルキノ・ヴィスコンティの『若者のすべて』のプレミアがありました!

 

プレゼンターは、映画祭ディレクターのティエリー・フレモーとベニチオ・デル・トロ。そしてゲストは、イタリアの往年の大女優クラウディア・カルディナーレ。“ロッコ”役のアラン・ドロンは欠席、残念!

立田敦子

2015/05/18 00:15:31 UP

カンヌで“青田買い”!?

 

かつて無名だったブリジット・バルドーが、映画祭期間中、カンヌの浜辺で撮影会を開いて自らを売り込んだハナシは有名だが、世界中の映画関係者が集まるカンヌは、今でも“青田買い”のメッカ。

オープニングを飾ったエマニュエル・ベルコ監督の『胸を張って(原題)』に主演した新人ロッド・パラドは、間違いなく、今年最注目のひとり。

って思っていたら、私が宿泊中のホテルで遭遇。こんなところに泊まっていたんだ(笑)携帯電話で話ながら出て行ってしまったので、声をかけられなくて残念!

 

また、この15年、カンヌ映画祭のオフィシャル・パートナーとして映画祭をサポートしている老舗ジュエリーブランドであるショパールが開催しているショパール賞は、将来有望な新進俳優に与えられる賞。

今年の受賞者にローラ・カークとともに選ばれたのが、ジャック・オコンネル。

この受賞のためにカンヌ入りしていたジャックに突撃、インタビュー!

ベルリン映画祭のコンペで上映されていたサバイバルスリラー『ベルファスト71』が8月に日本公開を控えているし、アンジェリーナ・ジョリーが監督した『アンブロークン』で主演に抜擢され、脚光を浴びている英国発のイケメン。モデルのカーラ・デルヴィーニュとの交際でも噂になっている時の人。

『アンブロークン』で共演したギタリストの雅とは友達になったとかで、日本語もちらほら。近々、来日も実現するといいですね!

現地レポーター

マドモワゼル・ウオ子(特派員)
マドモワゼル・ウオ子(特派員)

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。カンヌ映画祭暦10年目!今年も不屈の精神でレポートに挑むわよ。チャームポイントは大きな瞳とバサバサなまつ毛。欠点は面食い。イケメンを見るとついつい目がハートに。好きな映画は「ズーランダー」。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通していることでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

まつかわゆま(シネマアナリスト)
まつかわゆま(シネマアナリスト)

演劇に明け暮れた大学卒業後、女性誌編集者を経て映画ライターに。映画から時代を読むシネマアナリストをめざし、雑誌・テレビ・ラジオ・ウェブなどに書いてしゃべって四半世紀を超えました。東放学園講師など、先生業も。現在、大学院でドキュメンタリー映画を研究中、第三の青春を謳歌しています。著書に『映画ライターになる方法』(青弓社)、『シネマでごちそうさま』(近代映画社)など。

まんねん(特派員)
まんねん(特派員)

大学卒業後、約10年間TVCM制作に携わり、その後ムービープラスへ。自称映画好き。今年痺れたのは『セッション』。最近は、ダルデンヌ兄弟やテリー・ギリアム監督にインタビューするなど。7年ぶりにカンヌへ参戦。