TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2015

5.24[sun]第68回カンヌ映画祭受賞結果発表!

2016年10月

         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31            

« 6月

Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube

Local Report|現地レポート

Youtube

2015/06/16 11:04:41 UP

コーエン兄弟、グザヴィエ・ドラン、ジェイク・ギレンホールほか カンヌ映画祭 受賞後記者会見 審査員団総評

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。審査委員長のコーエン兄弟をはじめ、審査員団が今年の総評をコメント。

<審査委員長>

ジョエル・コーエン(アメリカ、監督・脚本家)

イーサン・コーエン(アメリカ、製作・脚本家)

<審査員>

ロッシ・デ・パルマ(スペイン、女優)

ソフィー・マルソー(フランス、女優・監督)

シエナ・ミラー(イギリス、女優)

ロキア・トラオレ(マリ、作曲家・シンガーソングライター)

ギレルモ・デル・トロ(メキシコ、監督・脚本家・プロデューサー)

グザヴィエ・ドラン(カナダ、監督・脚本家・プロデューサー・俳優)

ジェイク・ギレンホール(アメリカ、俳優)

 

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

 

Youtube

2015/06/16 11:00:32 UP

ホウ・シャオシェン監督賞受賞『黒衣の刺客』カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。監督賞に輝いたホウ・シャオシェン監督の『黒衣の刺客』。日本から妻夫木聡が出演し話題になった作品です。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

 

Youtube

2015/06/16 10:58:26 UP

ティム・ロス、ミシェル・フランコ監督『クロニック(原題)』脚本賞受賞 カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。脚本賞に輝いたミシェル・フランコ監督の『クロニック(原題)』。出演したティム・ロスも登場。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

Youtube

2015/06/16 10:56:29 UP

ルーニー・マーラ女優賞受賞『キャロル(原題)』トッド・ヘインズ監督 カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。女優賞に輝いたトット・ヘインズ監督の『キャロル(原題)』。受賞したルーニー・マーラの代理でトッド・ヘインズ監督が登場。

 

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

Youtube

2015/06/16 10:54:19 UP

パルム・ドール受賞ジャック・オディアール監督『ディーパン(原題)』カンヌ映画祭 授賞式後記者会見

第68回カンヌ映画祭 授賞式直後に行われた記者会見の様子。最高賞のパルム・ドールに輝いた『ディーパン(原題)』のジャック・オディアール監督です。

映画館へ行こう増刊号 カンヌレポート は、カンヌ映画祭を振り返る特別番組!ここでしか観られない、現地からのレポートや映像をたっぷりとお届けします!放送日はこちら

次のページへ

現地レポーター

マドモワゼル・ウオ子(特派員)
マドモワゼル・ウオ子(特派員)

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。カンヌ映画祭暦10年目!今年も不屈の精神でレポートに挑むわよ。チャームポイントは大きな瞳とバサバサなまつ毛。欠点は面食い。イケメンを見るとついつい目がハートに。好きな映画は「ズーランダー」。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通していることでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

まつかわゆま(シネマアナリスト)
まつかわゆま(シネマアナリスト)

演劇に明け暮れた大学卒業後、女性誌編集者を経て映画ライターに。映画から時代を読むシネマアナリストをめざし、雑誌・テレビ・ラジオ・ウェブなどに書いてしゃべって四半世紀を超えました。東放学園講師など、先生業も。現在、大学院でドキュメンタリー映画を研究中、第三の青春を謳歌しています。著書に『映画ライターになる方法』(青弓社)、『シネマでごちそうさま』(近代映画社)など。

まんねん(特派員)
まんねん(特派員)

大学卒業後、約10年間TVCM制作に携わり、その後ムービープラスへ。自称映画好き。今年痺れたのは『セッション』。最近は、ダルデンヌ兄弟やテリー・ギリアム監督にインタビューするなど。7年ぶりにカンヌへ参戦。