TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2014

第67回カンヌ映画祭受賞結果発表!結果はこちら

2016年12月

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube
大人気ざっくぅグッズ販売
スポーツ&映画でフランスをまるごと楽しむ!プレゼントキャンペーン
Local Report|現地レポート

あらきけいた

2014/05/19 19:43:30 UP

『フォックスキャッチャー(原題)』のテイタムさん。

今日は、日本でもファンが多いイケメン、チャニング・テイタムが主演の
『フォックスキャッチャー(原題)』の公式上映の日。
今日のフォトコールにチャニング・テイタムも出ると聞いたので、
出待ちの列に手持ちカメラを持って加わってみました。
通る予定の時間に近づくにつれて集まる人の多いこと!
すごい人気ですね。

僕の前の女性が、テイタムさんにサインや写真をお願いしたところ、
テイタムさんこころよく引き受けていました。
イケメンですねー。
だけど、こちらも身動きが取れないので、これ以上は、
広い絵に出来ない…。
結局アップの映像ばっかりになってしまいました。

通り過ぎた後、サインを見せて、とお願いしたら、
快く見せてくれましたよ。

Youtube

2014/05/19 19:23:29 UP

トミー・リー・ジョーンズ『ホームズマン(原題)』フォトコール

監督・出演トミー・リー・ジョーンズの『ホームズマン(原題)』のフォトコール。共演のヒラリー・スワンクも登場!
トミー・リー・ジョーンズは初長編監督作『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』でカンヌ初登場し、自身で男優賞を受賞。本作はトミー リー ジョーンズ 監督の5作目の長編。

『ホームズマン(原題)』は・・・
開拓時代のネブラスカ。独身の元教師で不屈の魂を持つメアリー・ビーは精神を病んだ女たちをアイオワのサナトリウムへ運ぶことになる。偶然、縛り首にされようとしていたジョージに遭遇したメアリー・ビーは、命を助ける代わりに危険な旅への同行を求める。原作は『ラスト・シューティスト』などで知られるブランドン・スウォースアウト。

Youtube

2014/05/19 16:54:53 UP

オヤジ達、現役!『エクスペンダブルズ3』レッドカーペット動画

まだまだ若いものには負けやせん。
超豪華アクション俳優大集合のシリーズ3作目、『エクスペンダブルズ3』には、スタローン&シュワちゃんたちに加え、メル・ギブソン、ハリソン・フォードが共演!レッドカーペットには、肉体派俳優が勢揃い。

シルヴェスター・スタローン(67歳)、アーノルド・シュワルツェネッガー(66歳)、ジェイソン・ステイサム(46歳)、メル・ギブソン(58歳)、ハリソン・フォード(71歳)、ウェズリー・スナイプス(51歳)、アントニオ・バンデラス(53歳)、ドルフ・ラングレン(56歳)、ケルシー・グラマー(59歳)。ジェイソンがものすごく若い。

ウオ子

2014/05/19 15:57:18 UP

長澤まさみ&チャン・ツィイー『太平輪(原題)』パーティー

『太平輪(原題)』記者会見後の夜に行われた関係者のパーティーに潜入いたしました!
長澤まさみさんの赤いドレスがとっても華やかでお美しさに磨きがかかっていたわ♪
長澤さんは、台湾でも活躍されていたからアジアの記者からも大人気!ものすごいフラッシュを浴びておられました。
お隣のヴィヴィットな黄色いドレスをおめしになられている方は、共演者のチャン・ツィイーよ♪

ウオ子

2014/05/19 15:44:06 UP

監督 ジョン・ウーX女優 長澤まさみ『太平輪(原題)』対談!

続けて『太平輪(原題)』ネタよ♪
東宝芸能さまのお取り計らいにより、ムービープラス独占でジョン・ウー監督と長澤まさみさんの対談が実現!
よしひろまさみちお兄さまにインタビューをしていただいて、色々な事が聞けましたわ。
こちらの模様は、5月24日(土)深夜1時30分(日本時間)からの第67回カンヌ映画祭授賞式の生中継番組にて放映します!
お楽しみに♪

Youtube

2014/05/19 15:05:03 UP

ライアン・レイノルズ、アトム・エゴヤン監督『誘拐(原題)』レッドカーペット

ライアン・レイノルズの横には、奥様ブレイク・ライブリー。ブレイクは白&黒の、グッチ・プルミエールのストラップレスドレス。そしてロレーヌ・シュワルツジュエリーの、20カラットのダイヤピアス、2連ダイヤネックレス、パールとルビーとダイヤのブレスレット、ルビーのように真っ赤なリップとネイルもゴージャス。ライアンのタキシードもグッチです。

『誘拐(原題)』は・・・
駐車した車から忽然と消えた娘を必死に探す父親、捜査を進める刑事たち。事件は波紋を広げながら人々の間に軋轢を生む。そして8年後、娘が生きていることが分かり…。出演はライアン・レイノルズ、ミレイユ・イーノス、ロザリオ・ドーソン、ブルース・グリーンウッド。アトム・エゴヤンは世界的に知られるアルメニア系カナダ人監督で、6度目のコンペ登場、97年に『スイート ヒアアフター』でグランプリを受賞した。96年にはカンヌのコンペ審査員を、03年にはベルリン映画祭の審査員長も経験している。

よしひろまさみち

2014/05/19 15:00:45 UP

最後のお仕事、まさみちゃん&ウー

写真は撮れませんでしたが、あたしのカンヌ、最後のお仕事は『太平輪(原題)』の長澤まさみさん&ジョン・ウー監督のインタビュー。

これ、ムービープラスで放映する用のインタビューなので、そのうちご覧いただけると思われます。(ウオ子ちゃん絶賛密着中、あらきさんが絶賛編集中)
あたしの汚声が入ってたらごめんちゃい。許しておくれ、Mrオクレ。

お楽しみに〜。

というわけで、あたしはお先に離脱です。
あたしにとって最後のカンヌは……やはりいつものカンヌでした。熱海風味な感じ。非日常ちゃー非日常なんだけど、町の雑感はやはり熱海。
映画祭の期間だけ特別な感じはしますので、もしいらっさる方は是非とも映画祭の期間中にトライしてみて下さい。フツーにタキシードやイブニングドレス着て歩いている人がわんさとおりますので、恥ずかしがらずに正装も持参の上!
(とかいいつつ、あたしは大学生か! って言われそうなラフなかっこうで通しましたが)

立田さん、マダムアヤコ、ウオ子ちゃん、そしてあらきさん。御世話になりました。東京でみなさんの書く続きを楽しみに観ておりますw

ぼなぺてぃ!
じゃなかった。おーう゛ぉわー!

最後に卒業記念写真。なぜかヤンキースのイチローTシャツw(友人のみやげ)

ウオ子

2014/05/19 14:41:45 UP

『太平輪(原題)』!

ジョン・ウー監督最新作『太平輪(原題)』がカンヌで一部公開されました!
国の垣根を越えた日中韓の俳優が集結した大スケールの映画で、日本からは長澤まさみさんと金城武さんが出演されるのよ♪
ウオ子、記者会見に行ってまいりました!
本編上映会でないのに、すんごい数のプレスと熱気!!
映画の一部を見させて頂きましたけど、涙が止まらなくなりそうな映画になるのではないかしら。でも監督の事だからアクションもたっぷり織り交ぜられた大作になる事間違いないわね。
日本での公開も早く決まってほしいですわね♪

Youtube

2014/05/19 14:14:40 UP

ニコール&ティム『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』フォトコール

今年のオープニングを飾ったのは、グレース・ケリーをニコール・キッドマンが演じた『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』。ニコール・キッドマン、ティム・ロスなどのフォトコールをお届けします。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』は・・・
ハリウッドのスター女優からモナコ大公妃になり、本物のシンデレラ・ストーリーと世界中の話題になったグレース・ケリー。彼女の結婚後の知られざる人生を描いた伝記映画。『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でマリオン・コティヤールにアカデミー主演女優賞をもたらし、伝記映画には定評のあるオリヴィエ・ダアンが監督。グレース・ケリーにニコール・キッドマン、レーニエ大公にティム・ロス、グレースの父にフランク・ランジェラ。

あらきけいた

2014/05/19 13:15:53 UP

『エクスペンダブルズ3』装甲車でお披露目、オヤジたちの3次会!

スタローン、シュワちゃんなどアクションスター大集合の3次会、いや3作目、『エクスペンダブルズ3』にはなんとハリソン・フォードとメル・ギブソンも出演。この新作お披露目イベントが、カンヌ映画祭でド派手に行われました。

インターコンチネンタル カールトンホテルには超巨大ポスターが貼られ、大スター達が前代未聞の装甲車で登場!3台の装甲車には、シルヴェスター・スタローン(67歳)、アーノルド・シュワルツェネッガー(66歳)、ジェイソン・ステイサム(46歳)、メル・ギブソン(58歳)、ハリソン・フォード(71歳)、ウェズリー・スナイプス(51歳)、アントニオ・バンデラス(53歳)、ドルフ・ラングレン(56歳)、ケルシー・グラマー(59歳)・・・。オヤジ達のなんとも派手な登場に現場は騒然!!装甲車を降りたあとはスター達のサービス精神旺盛なフォトコールもありました。

前のページへ
次のページへ

現地レポーター

ウオ子
ウオ子

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。好きな映画は『ファインディング・ニモ』。我々を主人公にした映画では鉄板ね。好きなカンヌ関連映画は『うなぎ』。今村監督の作品全般大好き、だけどやっぱり仲間が出演している映画に惹かれてしまうの。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通している ことでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

よしひろまさみち(映画ライター)
よしひろまさみち(映画ライター)

映画ライター・編集者。東京都新宿区出身、しぶとく新宿区在住。大学時代から雑誌編集のバイトを始め、女性誌、情報誌などの編集部を経て独立。「sweet」「otona MUSE」で編集・執筆のほか、「SPA!」「oz magazine」「GLOW」などで連載。月一で日テレ系「スッキリ!!」映画紹介などテレビ、ラジオなどにも出演。好きな映画は涙と笑いと感動があれば国産も舶来ものもOKな雑食性。

あらきけいた(特派員)
あらきけいた(特派員)

番組プロデューサー。仕事はテレビ、趣味は映画。好きな映画は『男たちの挽歌』。香港ノワールと娯楽映画が大好き。好きな監督は、ジョン・ウー、クエンティン・タランティーノ、デヴィッド・リンチ。