TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2014

第67回カンヌ映画祭受賞結果発表!結果はこちら

2016年12月

     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Twitter|ツイッター
OFFICIAL twitter
Facebook|フェイスブック
OFFICIAL facebook
YouTube|ユーチューブ
ムービープラス公式YouTubeチャンネル
OFFICIAL YouTube
大人気ざっくぅグッズ販売
スポーツ&映画でフランスをまるごと楽しむ!プレゼントキャンペーン
Local Report|現地レポート

ウオ子

2014/05/24 16:17:19 UP

答え合わせ♪

15日にUPした画像の映画が何かクイズを出しましたけれど、お分かりになりましたかしら?

答えはこちら!⬇⬇⬇⬇⬇
『エクスペンダブルズ3』


避暑地のカンヌに最強オヤジ軍団と戦車ってすごい組み合わせだけど、オヤジ達、とってもかっこよかったですわ♪

ウオ子

2014/05/24 15:56:41 UP

授賞式まで間もなく

いよいよ今晩19時〜(日本時間24日(土)深夜1時30分)第67回カンヌ映画祭授賞式です!
日本魚としては、河瀬監督の『2つ目の窓』を応援したいですわね!
お楽しみに♪


今朝のカンヌも快晴!良いことありそうな予感♪

ウオ子

2014/05/24 03:40:56 UP

がんばるメディアの人々

2週間カンヌ映画祭をプロモーションしてきた世界各国のプレスよ♪
みなさんは、昼夜問わずひたすら原稿書きや編集に追われている映画祭を支える縁の下の力持ちね!

ウオ子

2014/05/23 21:50:22 UP

現地 星取り表

さて、ここまでのコンペ作品の現地ジャーナリストの評価を少しご紹介しますわね♪
ダルデンヌ兄弟の『2日と1夜(原題)』」とトミー・リー・ジョーンズ監督の『ホームズマン(原題)』の評判が良いです。
また、昨日上映したグザヴィエ・ドラン監督の『マミー(原題)』も現地での評価が非常に高いです!
いよいよ授賞式は明日!
お楽しみに♪

Youtube

2014/05/23 21:10:46 UP

クロエ・グレース・モレッツ、ジュリエット・ビノシュ『シルス・マリア(原題)』フォトコール

注目のクロエちゃんと、大女優ジュリエット・ビノシュ、オリヴィエ・アサヤス監督が登場です。
YouTube Preview Image

『シルス・マリア(原題)』は・・・
恩師の住むスイスの避暑地シルス・マリアに演技賞を受賞しにきた女優マリア。授賞式の直前に恩師が急死、若い演出家がマリアの出世作となった恩師の芝居を再演することになるが、それがマリアを精神的に追い込んでいく。
マリアにジュリエット・ビノシュ、マリアのアシスタントにクリステン・スチュワート、若手女優にクロエ・グレース・モレッツ。オリヴィエ・アサヤスは<カイエ・デュ・シネマ>誌の批評家出身の59歳。今年4度目のコンペ登場だ。『カルロス』でNYとLAの映画批評会協会賞外国語映画賞を、『5月の後』でヴェネツィア映画祭の脚本賞を受賞。そろそろパルム・ドールを獲ってもいい頃。

ウオ子

2014/05/23 20:05:23 UP

マダム・アヤ子と再会!

やっと今年も再会できました!マダム・アヤ子こと石津文子さんに♪
石津さんからコンペ作品の話をしていただき映画の話で盛り上がりまくり!
映画の楽しさと素晴らしさを実感したひとときでした。
そして楽しみにしていた生牡蠣を今年も無事に食べることができました〜。
ウオ子幸せMAXでございます!

あらきけいた

2014/05/23 19:31:29 UP

『シルス・マリア(原題)』

またまた出待ちですいません。
『シルス・マリア(原題)』の人たちが
記者会見に登場!
オリヴィエ・アサイヤス監督と
クロエ・グレース・モレッツとジュリエット・ビノシュの女優陣が
登場しました。
YouTube Preview Image

あらきけいた

2014/05/23 16:25:07 UP

ケン・ローチ監督と遭遇。

またまた遭遇ネタで、すいません。

記者会見場から出てくるケン・ローチ監督を発見。
さっさと去っていくかと思いきや、
何かを思い出して、我々の近くへ。

となりのTVクルーに一言、コメントをするのを
約束していたのを思い出したとのことで、
慌てて戻って来て、ちゃんとコメントをする
優しいケン・ローチ監督でした。

映画から感じる優しい視線は、監督のこういう性格の
せいかもしれませんね。

(夜のこと)
プレスセンターの近くの廊下で、
ケン・ローチ監督とばったり出くわしました。
タキシードのままで、公式上映会場に向かって
歩いていました。

ウオ子

2014/05/23 14:37:09 UP

女優 長澤まさみ 密着取材 その2

長澤まさみさんご一行は、一足お先に日本にご帰国されましたが、一つみなさまにお見せしたいお写真がありますの♪
先日お伝えした超エクスクルーシブなショパールパーティに長澤まさみさんもご参加。
これまたステキな黒のロングドレスをおめしになられて本当に輝いておられました。海外のセレブに引けを取らない美貌で、会場内でもフラッシュがたかれておりました♪
長澤さんが世界に大きく羽ばたく日まで間もなくと実感した一晩でした。
さて、こちらの様子はムービープラスで8月に放映予定です!お楽しみに♪

ウオ子

2014/05/23 11:10:34 UP

殿方3名の晴れ姿♪

河瀬監督『2つ目の窓』の公式上映会に行く前の殿方3名の晴れ姿を撮らせていただきました!
普段はスーツ姿しかお見かけしない上席の皆様ですので、びしっと決めたタキシード姿がとても新鮮でございました♪フェスティバル感が出ていて素敵ですわね!


左から、アスミック・エース 長澤副社長、ジュピターテレコムメディア事業部常務執行役員 加藤部門長、アスミック・エース兼ジュピターエンタテインメント 宮田社長。

前のページへ
次のページへ

現地レポーター

ウオ子
ウオ子

性別は女。5月9日生まれ、神谷町出身。丸の内某ビル内水槽在住。好きな映画は『ファインディング・ニモ』。我々を主人公にした映画では鉄板ね。好きなカンヌ関連映画は『うなぎ』。今村監督の作品全般大好き、だけどやっぱり仲間が出演している映画に惹かれてしまうの。

立田敦子(映画ジャーナリスト)
立田敦子(映画ジャーナリスト)

大学在学中に編集&ライターの仕事を始め、映画ジャーナリストへ。「エル・ジャポン」「フィガロ」「GQ JAPAN」「すばる」「In Red」「キネマ旬報」など、さまざまなジャンルの媒体で活躍。セレブリティへのインタビュー取材も多く、セレブの美容・ファッション事情に精通している ことでも知られる。

石津文子(映画評論家)
石津文子(映画評論家)

a.k.a. マダム・アヤ子。足立区出身。洋画配給会社、東宝東和に勤務後、ニューヨーク大学で映画製作を学ぶ。現在「CREA」「ELLE JAPON」「キネマ旬報」ほかに執筆。また作家の長嶋有氏と共に映画トークイベント「映画ホニャララ はみだし有とアヤ」を開催している。好きな監督はクリント・イーストウッド、ジョニー・トー、ホン・サンス、北野武、ビリー・ワイルダーら。

よしひろまさみち(映画ライター)
よしひろまさみち(映画ライター)

映画ライター・編集者。東京都新宿区出身、しぶとく新宿区在住。大学時代から雑誌編集のバイトを始め、女性誌、情報誌などの編集部を経て独立。「sweet」「otona MUSE」で編集・執筆のほか、「SPA!」「oz magazine」「GLOW」などで連載。月一で日テレ系「スッキリ!!」映画紹介などテレビ、ラジオなどにも出演。好きな映画は涙と笑いと感動があれば国産も舶来ものもOKな雑食性。

あらきけいた(特派員)
あらきけいた(特派員)

番組プロデューサー。仕事はテレビ、趣味は映画。好きな映画は『男たちの挽歌』。香港ノワールと娯楽映画が大好き。好きな監督は、ジョン・ウー、クエンティン・タランティーノ、デヴィッド・リンチ。