TV FESTIVAL DE CANNES|日本オフィシャル・ブロードキャスター|カンヌ映画祭スペシャル2014

第67回カンヌ映画祭受賞結果発表!結果はこちら

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

カンヌ映画祭オープニングにN・キッドマン主演「グレイス・オブ・モナコ」

2014/01/28 19:15
グレイス・ケリーのモナコ大公妃時代を描く
拡大した画像を見る

グレイス・ケリーのモナコ大公妃時代を描く

写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] 第67回カンヌ映画祭(5月14日〜25日)のオープニング作品に、ニコール・キッドマンがグレイス・ケリー役で主演する「グレイス・オブ・モナコ(原題)」が選出されたと、同映画祭事務局が発表した。

 同作は、「裏窓」「泥棒成金」などのヒッチコック作品で知られる美人女優グレイス・ケリーの、モナコ公国レーニエ大公妃時代を描く作品。1962年の6カ月間に焦点を当て、タックスヘイブン政策をとるモナコに対して不快感を示していたフランスとの紛争の背後で、和解に向けて動いたグレイス王妃の姿を描く。

 「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオリビエ・ダアン監督がメガホンをとり、ケリー役のキッドマンほか、モナコ大公レーニエ3世役のティム・ロス、マリア・カラス役のパス・ベガ、フランク・ランジェラ、デレク・ジャコビ、パーカー・ポージーらが共演する。

 なお、「グレイス・オブ・モナコ(原題)」はコンペティション外作品となり、その他の出品作は後日発表される。今年のコンペティション部門の審査委員長には、ジェーン・カンピオン監督が決定している。

【関連情報】
ニコール・キッドマン、新作ミステリー「Strangerland」に出演
「イラク建国の母」降板のナオミ・ワッツ代役にニコール・キッドマン
ニコール・キッドマン、コリン・ファレルら豪華スター、チャリティイベントに結集
ニコール・キッドマン「俺たちニュースキャスター」続編にカメオ出演
N・キッドマン、3カ月ぶり再会の是枝裕和監督に次回作出演のラブコール