映画専門チャンネル「ムービープラス」
特別協賛 佐川急便株式会社
カンヌ国際映画際公式サイト
映画を愛する人に贈る、ワンランク上のスペシャルプログラム。今年もやります!カンヌ映画祭開会式・授賞式オンエア。カンヌ映画祭過去受賞作や関連作を、12作品セレクト放送!
カンヌ映画祭2012 受賞結果発表!
「シズオカ×カンヌウィーク2012」カンヌ映画祭オフィシャル・ブロードキャスター「ムービープラス」合同記者発表会2012年4月26日@在日フランス大使館

左からジュリエット・シャモナール、別所哲也、森理世、
田辺信宏、岸田琢磨

4月26日(木)、東京都港区南麻布の在日フランス大使館で、カンヌと日本で唯一の姉妹都市である静岡市で開催される「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」と、カンヌ国際映画祭の日本オフィシャル・ブロードキャスターであるCS映画専門チャンネル「ムービープラス」の合同記者発表会が行われました。

記者発表には、「シズオカ×カンヌウィーク2012」のスペシャルサポーターを務める2007年度ミス・ユニバース世界大会優勝の森理世さん、「ムービープラス」で放送予定の「日本独占!第65回カンヌ映画祭授賞式ライブ」のナビゲーターを務める俳優の別所哲也さん、田辺信宏静岡市長らが出席。


別所哲也

日本の自治体で唯一、カンヌ市姉妹都市提携を結んでいる田辺静岡市長は、「シズオカとカンヌは気候や暮らしぶりが似ている。言語の壁を乗り越えて交流を深め、国際交流文化創造都市というビジョンを持って地域の活性化を目指し、静岡市に世界中からもっと多くの人々に来ていただきたい。」とスピーチ。

続いて、「シズオカ×カンヌウィーク2012」の実行委員長、岸田琢磨氏が、イベントの全容を紹介。 清水港を会場とし、富士山を背景に野外で映画を楽しむ「すんぷ野外映画フェスティバル」や、映画の予告編だけを集めた「世界予告編映画祭」、別所哲也さんや長澤まさみさんらがセレクトした作品を上映する「みんなのはじめて映画館」、有名ミニシアターの関係者のトークと上映がセットになった企画、さらにイベントの最終日の5月27日(日)に、ムービープラスの「日本独占!第65回カンヌ映画祭授賞式ライブ」のパブリックビューイングなどを、会期中に行うことを発表しました。


森理世

続いて登場した「シズオカ×カンヌウィーク2012」のスペシャルサポーター・森理世さんは、昨年、静岡市の観光親善大使に就任。ミス・ユニバース任期中に訪れた都市のなかでも、自然が美しく、町並みがファッショナブルなカンヌが、特に思い出深かったそうで、「大好きなカンヌが静岡市と姉妹都市ということは、同じ静岡市民としてより多くの静岡の方に伝えていきたい。」と、熱く語りました。

「ムービープラス」の「日本独占!第65回カンヌ映画祭授賞式ライブ」のナビゲーターを務める別所哲也さんは、授賞式ライブの放送に関わるのは今年で9回目。「カンヌ映画祭は、映画祭の最高峰。番組に関わって印象的なシーンもいくつか目撃した。今年はどんな映像の未来地図が作られるのか楽しみです。」と、期待を語りました。


別所哲也 & 森理世

森理世さん、別所哲也さんのミニトークでは、今年、カンヌ映画祭に出品されるアッバス・キアロスタミ監督の『ライク・サムワン・イン・ラブ』が静岡市で撮影されたことに触れて、「自分の出身地が世界に見ていただけるというのは、観光大使としてもすごく嬉しい」と森さんが語ると、静岡県出身の別所さんも、「お茶というハーブがあって、海の幸も山の幸もある静岡は日本の南フランス(笑)。世界中の人に訪れて欲しい町、県です。」と、「シズオカ×カンヌウィーク2012」にエールを送った。


高梨臨

第65回カンヌ国際映画祭は5月16日より開幕。「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」は5月25日(金)より27日(日)まで静岡市内で開催。ムービープラスでは、映画祭期間中に、「カンヌスペシャル2012」と題して、カンヌ映画祭授賞式のライブ中継や、開会式、過去の授賞作を放送する。