今年もCSN1が独占生中継!『第56回カンヌ映画祭』
 

日本最大の配信世帯数を誇る映画専門チャンネル「CSN1ムービーチャンネル」は、
5月14日から25日にかけてフランスで開催される映画の祭典、
独占!第56回カンヌ映画祭開会式(日本時間:5月14日深夜)
独占!第56回カンヌ映画祭授賞式(日本時間:5月25日深夜)
の模様を、今年も独占生中継します。
 
■「独占! 第56回カンヌ映画祭 開会式」
ライブ放送 5月14日(水)深夜1:22〜
<録画再放送スケジュール決定!>
ライブ放送の結果をうけ、再放送分の放送枠が確定、
放送スケジュールを以下の通りに変更してお送り致します。

5月15日(木)
21:00〜23:00 カンヌ映画祭開会式(再)
23:00〜23:30 『E!ソラリス』

5月18日(日)
15:30〜17:30 カンヌ映画祭開会式(再)
17:30〜18:00 『E!ソラリス』

5月25日(日)
23:00〜24:45 カンヌ映画祭開会式(再)
24:45〜25:22 『Best of アカルイミライ』



■「独占! 第56回カンヌ映画祭 授賞式」
ライブ放送 5月25日(日)深夜1:22〜
<録画再放送スケジュール決定!>
ライブ放送の結果をうけ、再放送分の放送枠が確定、
放送スケジュールを以下の通りに変更してお送り致します。

5月26日(月)
23:15〜25:19 カンヌ映画祭授賞式(再)
25:19〜25:33 『Best of アカルイミライ』

6月 1日(日)
13:15〜15:19 カンヌ映画祭授賞式(再)
15:19〜15:33 『Best of アカルイミライ』

6月 7日(土)
21:45〜23:49 カンヌ映画祭授賞式(再)
23:49〜24:03 『Best of アカルイミライ』




『E!ソラリス』番組紹介

6月21日に公開される注目作『ソラリス』の舞台裏をE!が特集した番組。
ポーランド出身のSF作家スタニスラフ・レムの「ソラリスの陽のもとに」を ジェームズ・キャメロン製作でスティーヴン・ソダーバーグが脚色・監督、 主演がジョージ・クルーニーと、最強布陣で贈るSF大作。
監督のソダーバーグは、今年のカンヌ映画祭の審査委員であり、 デビュー作『セックスと嘘とビデオテープ』は、カンヌ映画祭グランプリ授賞作。
それは当時の史上最年少(26歳)記録。


『Best of アカルイミライ』番組紹介

現地で5月20日に開催されたコンペティション部門出品作である黒沢清監督の「アカルイミライ」の現地インタビュー等、カンヌでのハイライトシーンを特集した『Best of アカルイミライ』。

20日夜(日本時間21日未明)、「アカルイミライ」が公式上映されました。
現地には黒沢清監督、出演者の浅野忠信、オダギリジョー、藤竜也が訪れております。
彼らの現地での記者会見の模様や、それぞれが胸のうちを語ったインタビュー映像、フォトコール(写真撮影)、レッド・カーペット(赤じゅうたんの上の入場シーン)、公式上映直後の様子を15分にまとめた番組『Best of アカルイミライ』を、日本ではCSN1だけが、皆様にお届けします。
是非、お見逃しなく!!


*放送時間は、事情により変更される場合があります。
 


審査委員長:
パトリス・シェロー監督
        (代表作 『王妃マルゴ』 『インティマシー 親密』 等)

  審査員:メグ・ライアン
      スティーヴン・ソダーバーグ監督


オープニング作品

「FANFAN LA TULIPE」(原題)

製作:リュック・ベッソン
監督:ジェラール・クラヴジック
主演:ヴァンサン・ペレーズ
   ペネロペ・クルス

*1952年にカンヌ映画祭監督賞を受賞したクリスチャン・ジャック監督、
ジェラール・フィリップ主演作「花咲ける騎士道」と同名の映画化です。


クロージング作品

「マトリックス リローデッド」

監督:ウォシャウスキー兄弟
主演:キアヌ・リーブス
   キャリー=アン・モス
   ローレンス・フィッシュバーン
   モニカ・ベルッチ



番組では、現地カンヌからのレッド・カーペットとセレモニーの模様を放送するだけでなく、日本のスタジオからも日本の視聴者にむけて、出品作やセレブたちの情報などをお届けいたします。

この番組のナビゲーターは、映画にも多数ご出演されているモデルの田村翔子さん
photo:田村翔子
田村 翔子さん
フランスでのカンヌ映画祭開会式、授賞式のホットなライブ中継の直前・直後に、日本のスタジオから、田村翔子さんが上映作品の情報やカンヌ映画祭の楽しみ方をお届けしていきます。

モデルの田村さんならではの、カンヌ映画祭に出席する俳優たちのファッションレビューも注目です。

田村翔子さんのナビゲートでお届けする今年のカンヌ映画祭、ぜひご期待ください。

photo:キャロル久末
キャロル久末さん
共演は、映画好きとしても知られる DJ・映像クリエイターのキャロル久末 さんが務めます。



映画評論家の解説などもお送りいたします。 出演はカンヌ映画祭に精通されている映画評論家の大久保賢一氏
毎年カンヌ映画祭を訪れ、国際映画祭の審査員も多数歴任している大久保氏が、カンヌ映画祭について、日本映画を含む出品作について語ります。



また、第56回カンヌ映画祭の国際批評家連盟賞の審査員を務める映画評論家・小張アキコさんが、現地カンヌの様子などを番組のなかで伝えてくれます。
 

■過去のカンヌ映画祭受賞作を放送
特集:カンヌ映画祭受賞作
CSN1ムービーチャンネルでは5月のカンヌ映画祭開催にあわせて過去の受賞作を特集放送。

主演の2人が主演女優賞を共に受賞したことで話題となった『天使が見た夢』や、テレンス・マリック監督作で、カルト的な人気のある『天国の日々』など、映画ファンは見逃せない作品が揃っています。