ムービープラス・アワード2014

2014年のベスト作品を映画ファンと映画業界関係者が選び、ムービープラス特別番組とWEBサイト、また「第88回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式で結果を発表します。

ムービープラス・アワード 2014とは

ムービープラスが設けた6つの賞は、「作品賞」「監督賞」「俳優賞」「ベストカップル賞」「ベストバトル賞」「ベスト吹替賞」です。新作映画紹介番組「映画館へ行こう」で紹介した2014年の映画をふりかえって思い出しながら選んでみてください。

「作品賞」「監督賞」「俳優賞」「ベストカップル賞」「ベストバトル賞」「ベスト吹替賞」

2014年の映画を振り返る

特別番組  映画館へ行こう年末総決算号

2014年公開作品の振り返りはこの番組で
放送日:2014年11月28日(金)10:45~11:15 ほか 30分

2014年に、新作映画紹介番組「映画館へ行こう」で取り上げた映画から選りすぐり作品をピックアップ。さらに2014年を振り返る白熱の座談会をお届けします。
出演:竹内伸治(映画宣伝プロデューサー)、斉藤守彦(映画ジャーナリスト/アナリスト)、八雲ふみね(シネマアナリスト)

2014年映画界 徹底トーク

対象作品リスト

対象期間は2014年1月1日から12月31日までに日本国内で公開された新作長編映画です。

投票&プレゼント

投票期間:2014年11月28日(金) ~ 2015年1月4日(日)

応募は締め切りました。

ムービープラス・アワード2013の受賞結果

映画ファン大賞 映画スペシャリスト大賞
作品賞(洋画)
レ・ミゼラブル
作品賞(洋画)
ゼロ・グラビティ
作品賞(邦画)
そして父になる
作品賞(邦画)
そして父になる、横道世之介 (2作品 同率)
監督賞
三木孝浩 『陽だまりの彼女』
監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』
俳優賞
松本潤 『陽だまりの彼女』
俳優賞
松田龍平 『舟を編む』
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』『麦子さんと』
ベストカップル賞
陽だまりの彼女
<松本潤(奥田浩介)&上野樹里(渡来真緒)>
ベストカップル賞
世界にひとつのプレイブック
<ブラッドリー・クーパー(パット)&ジェニファー・ローレンス(ティファニー)>
ベストバトル賞
パシフィック・リム <イェーガーvs KAIJU>
ベストバトル賞
パシフィック・リム <イェーガーvs KAIJU>
凶悪 <山田孝之(記者/藤井修一) VS 
リリー・フランキー(犯罪黒幕/木村孝雄[先生])>
(2作品 同率)
ベスト吹替賞
テッド
ベスト吹替賞
テッド

投票&プレゼント

投票期間:2014年11月28日(金) ~ 2015年1月4日(日)

応募は締め切りました。