アカデミー賞2016 88th Academy Awards

ニュース

Powered by 映画.com

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

米監督協会賞のノミネートが発表

2016/01/14 07:30
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
拡大した画像を見る

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督

Photo by Jason Merritt/Getty Images

 [映画.com ニュース]全米監督協会(Directors Guild of America)の所属会員が選ぶDGAアワードのノミネートが1月12日(現地時間)、発表された。

 第73回ゴールデングローブ賞を制したばかりの「レヴェナント 蘇えりし者」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督をはじめ、「オデッセイ」のリドリー・スコット監督、「マッド・マックス 怒りのデスロード」のジョージ・ミラー監督、「スポットライト 世紀のスクープ」のトム・マッカーシー監督、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督の5人が選出された。「ブリッジ・オブ・スパイ」のスティーブン・スピルバーグ監督、「キャロル」のトッド・ヘインズ監督は選から漏れた。

 なお、今年からDGAアワードにはFirst-Time Feature Film Directorというカテゴリーが新設された。初めて長編映画を手がけた新人監督を対象にした賞で、「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランド監督や、「The Gift」で監督デビューを果たした俳優のジョエル・エドガートン、ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞した「サウルの息子」を手がけたハンガリーのネメシュ・ラースロー監督らがノミネートされている。

【関連情報】
ゴールデングローブ賞発表 イニャリトゥ監督×レオ主演「レヴェナント」が最多3冠
「オデッセイ」M・デイモンとR・スコットが特別映像で語る、火星でのサバイバルのキーワードとは?
タランティーノ監督の2015年のベスト映画は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
教会スキャンダルに挑んだ記者の実話を映画化「スポットライト」16年4月公開
「ディパーテッド」マーティン・スコセッシ監督がDGA賞を受賞