アカデミー賞スペシャル2015 87th Academy Awards

2015年2月23日(月)にレッドカーペットのライブ中継過去受賞作 計19作品ほか関連番組を放送!

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

VES賞ノミネート発表 「猿の惑星:新世紀」が最多5部門

2015/01/15 12:50
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の一場面
拡大した画像を見る

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の一場面

(C)2014 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース]視覚効果に携わるアーティストや技術者、スーパーバイザーなどで構成される業界団体Visual Effects Society(VES)が主催するVESアワードのノミネートが発表された。

 映画やテレビ、ゲーム、コマーシャルなど幅広い映像メディアの中で優れたVFXを表彰する同賞で、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」が最多5部門ノミネートを獲得。「インターステラー」「ホビット 決戦のゆくえ」が4部門で続いている。

 なお、特別賞にあたるVisionary Awardは、J・J・エイブラムス監督に授与されることが決まっている。第13回VESアワード授賞式は2月4日、米ビバリーヒルズのビバリーヒルトン・ホテルで行われる。

 主要部門のノミネートは以下の通り。

 長編映画部門(VFXが主導的な役割を果たした作品)
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「マレフィセント」
「ホビット 決戦のゆくえ」
「X-MEN:フュ−チャー&パスト」

 長編映画部門(VFXが補助的な役割を果たした作品)
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「ダイバージェント」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム」
「Unbroken」

 長編アニメーション映画部門
「ベイマックス」
「ヒックとドラゴン2」
「Rio 2」
「The Boxtrolls」
「LEGO(R) ムービー」

【作品情報】
猿の惑星:新世紀(ライジング)

【関連情報】
アカデミー視覚効果賞ファイナリスト10本に「GODZILLA」「インターステラー」ほか
スタッフとキャストが「ホビット」シリーズの思い出や完結編の見どころを語る特別映像を入手!
ハリウッドの撮影監督はデジタル派? フィルム派? 米誌が検証
C・ノーラン監督「インターステラー」撮影の秘密に迫るメイキング映像公開