アカデミー賞スペシャル2015 87th Academy Awards

2015年2月23日(月)にレッドカーペットのライブ中継過去受賞作 計19作品ほか関連番組を放送!

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

放送映画批評家協会賞ノミネート発表 「バードマン」が最多13部門

2014/12/17 20:10
賞レースを賑わせている「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
拡大した画像を見る

賞レースを賑わせている「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

(c)2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS

 [映画.com ニュース] アカデミー賞レースの前しょう戦として注目される放送映画批評家協会(BFCA)主催、第20回クリティックチョイス・アワードのノミネートが発表された。

 最多13部門にノミネートされたのは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。マイケル・キートンが主演する同作は、元スター俳優が再起を狙う姿を辛辣に描いたコメディで、ゴールデングローブ賞でも最多7部門にノミネートされている。

 次いで11部門にウェス・アンダーソン監督「グランド・ブダペスト・ホテル」、8部門にリチャード・リンクレイター監督「6才のボクが、大人になるまで。」が選出された。

 BFCA賞の授賞式は、2015年1月15日(米時間)に開催される。主な部門のノミネートは以下の通り。

 ▽作品賞
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「ゴーン・ガール」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム」
「ナイトクローラー(原題)」
「Selma」
「博士と彼女のセオリー」
「Unbroken」
「ウィップラッシュ(原題)」

 ▽監督賞
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
エバ・デュバーネイ「Selma」
デビッド・フィンチャー「ゴーン・ガール」
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
アンジェリーナ・ジョリー「Unbroken」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」

 ▽主演男優賞
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム」
レイフ・ファインズ「グランド・ブダペスト・ホテル」
ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー(原題)」
マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
デビッド・オイェロウォ「Selma」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

 ▽主演女優賞
ジェニファー・アニストン「Cake」
マリオン・コティヤール「サンドラの週末」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
リース・ウィザースプーン「ワイルド(原題)」

 ▽助演男優賞
ジョシュ・ブローリン「インヘレント・バイス(原題)」
ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」
イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ「ウィップラッシュ(原題)」

 ▽助演女優賞
パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
ジェシカ・チャステイン「ア・モスト・バイオレント・イヤー(原題)」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム」
エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」
ティルダ・スウィントン「スノーピアサー」

 ▽アンサンブル演技賞
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム」
「イントゥ・ザ・ウッズ」
「Selma」

 ▽若手男優・女優賞
エラー・コルトレーン「6才のボクが、大人になるまで。」
アンセル・エルゴート「きっと、星のせいじゃない。」
マッケンジー・フォイ「インターステラー」
ジェイデン・リバーハー「セント・ビンセント(原題)」
トニー・レボロリ「グランド・ブダペスト・ホテル」
クワベンジャネ・ウォレス「ANNIE アニー」
ノア・ワイズマン「The Babadook」

 ▽オリジナル脚本賞
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー
「6才のボクが、大人になるまで。」リチャード・リンクレイター
「グランド・ブダペスト・ホテル」ウェス・アンダーソン、ヒューゴ・ギネス
「ナイトクローラー(原題)」ダン・ギルロイ
「ウィップラッシュ(原題)」デイミアン・チャゼル

 ▽脚色賞
「ゴーン・ガール」ギリアン・フリン
「イミテーション・ゲーム」グレアム・ムーア
「インヘレント・バイス(原題)」ポール・トーマス・アンダーソン
「博士と彼女のセオリー」アンソニー・マッカーテン
「Unbroken」ジョエル&イーサン・コーエン、リチャード・ラグラベネーズ、ウィリアム・ニコルソン
「ワイルド(原題)」ニック・ホーンビィ

 ▽アニメーション映画賞
「ベイマックス」
「The Book of Life」
「The Boxtrolls」
「ヒックとドラゴン2(仮題)」
「LEGO(R) ムービー」

 ▽外国語映画賞
「ツーリスト」
「イーダ」
「Leviathan」
「サンドラの週末」
「Wild Tales」

 ▽ドキュメンタリー映画賞
「Citizenfour」
「Glen Campbell: I’ll Be Me」
「ホドロフスキーのDUNE」
「Last Days in Vietnam」
「Life Itself」
「The Overnighters」

【作品情報】
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

【関連情報】
GG賞最多ノミネートのイニャリトゥ監督新作「バードマン」ポスター公開
ゴールデングローブ賞ノミネート発表 「バードマン」が最多7部門
米俳優組合賞ノミネート発表 M・キートン主演「バードマン」が最多4部門
LA批評家協会賞、作品賞は「6才のボクが、大人になるまで。」アニメ賞は「かぐや姫の物語」