アカデミー賞スペシャル2015 87th Academy Awards

2015年2月23日(月)にレッドカーペットのライブ中継過去受賞作 計19作品ほか関連番組を放送!

新着映画ニュース

Powered by 映画.com

ゴールデングローブ賞ノミネート発表 「バードマン」が最多7部門

2014/12/12 11:05
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の一場面
拡大した画像を見る

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の一場面

(c)2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS

  [映画.com ニュース] ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第72回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。

 最多ノミネートは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。同作は、「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡した元スター俳優が、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を、「バットマン」のマイケル・キートン主演で描いた作品で、コメディ/ミュージカル部門の作品賞と主演男優賞ほか、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞の計7部門に選出された。

 次いで、「バードマン」と並び今年の賞レースの目玉となっているリチャード・リンクレイター監督「6才のボクが、大人になるまで。」と、モルテン・ティルドゥム監督×ベネディクト・カンバーバッチ主演で話題の「イミテーション・ゲーム」が、それぞれ4部門にノミネートされた。

 授賞式は2015年1月11日(現地時間)に開催され、前回に引き続きティナ・フェイとエイミー・ポーラーが司会を務める。第72回ゴールデングローブ賞(映画部門)ノミネートは以下の通り。

 ▽作品賞(ドラマ)
「6才のボクが、大人になるまで。」
「フォックスキャッチャー」
「イミテーション・ゲーム」
「Selma」
「博士と彼女のセオリー」

 ▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イントゥ・ザ・ウッズ」
「プライド(原題)」
「セント・ビンセント(原題)」

 ▽監督賞
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
デビッド・フィンチャー「ゴーン・ガール」
エバ・デュバーネイ「Selma」
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」

 ▽主演男優賞(ドラマ)
スティーブ・カレル「フォックスキャッチャー」
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム」
ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー(原題)」
デビッド・オイェロウォ「Selma」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

 ▽主演女優賞(ドラマ)
ジェニファー・アニストン「Cake」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
リース・ウィザースプーン「Wild」

 ▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
レイフ・ファインズ「グランド・ブダペスト・ホテル」
マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
ビル・マーレイ「セント・ビンセント(原題)」
ホアキン・フェニックス「インヘレント・バイス(原題)」
クリストフ・ワルツ「ビッグ・アイズ」

 ▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
エイミー・アダムス「ビッグ・アイズ」
エミリー・ブラント「イントゥ・ザ・ウッズ」
ヘレン・ミレン「マダム・マロリーと魔法のスパイス」
ジュリアン・ムーア「マップ・トゥ・ザ・スターズ」
クワベンジャネ・ウォレス「ANNIE アニー」

 ▽助演男優賞
ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」
イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ「ウィップラッシュ(原題)」

 ▽助演女優賞
パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
ジェシカ・チャステイン「ア・モスト・バイオレント・イヤー(原題)」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム」
エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」

 ▽脚本賞
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
グレアム・ムーア「イミテーション・ゲーム」

 ▽アニメーション映画賞
「ベイマックス」
「The Book of Life」
「The Boxtrolls」
「ヒックとドラゴン2(仮題)」
「LEGO(R) ムービー」

 ▽外国語映画賞
「ツーリスト」(スウェーデン)
「Gett: The Trial of Viviane Amsalem」(イスラエル)
「イーダ」(ポーランド)
「Leviathan」(ロシア)
「Tangerines」(エストニア)

 ▽主題歌賞
“ビッグ・アイズ”「ビッグ・アイズ」(ラナ・デル・レイ)
“グローリー”「Selma」(ジョン・レジェンド&コモン)
“Mercy Is”「ノア 約束の舟」(パティ・スミス&レニー・ケイ)
“Opportunity”「ANNIE アニー」(グレッグ・カースティン&シア・ファーラー&ウィル・グラック)
“イエロー・フリッカー・ビート”「ハンガー・ゲーム モッキングジェイ パート1(原題)」(ロード)

 ▽作曲賞
アレクサンドル・デスプラ「イミテーション・ゲーム」
ヨハン・ヨハンソン「博士と彼女のセオリー」
トレント・レズナー&アッティカス・ロス「ゴーン・ガール」
アントニオ・サンチェス「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
ハンス・ジマー「インターステラー」

【作品情報】
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

【関連情報】
米俳優組合賞ノミネート発表 M・キートン主演「バードマン」が最多4部門
ゴッサム賞発表 作品賞はイニャリトゥ監督「バードマン」
ボストン映画批評家協会賞、「かぐや姫の物語」がアニメ賞を受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表