絶望<―Z(ゼット)―>、襲来。 突然変異したゾンビウイルス。人類史上最大の危機。 絶望<―Z(ゼット)―>、襲来。 突然変異したゾンビウイルス。人類史上最大の危機。

マーフィとウォレンは、自分たちがゾンビのいない金持ちの楽園ゾナにいると知る。一方チームの他のメンバーたちは、生き残った人々と共に突然変異したゾンビウイルス、そして不死身の“マッドZ”と戦っていた。

相関図 相関図
ウォレンが見た黒い虹と肉を溶かす黒い雨という謎めいた夢に導かれるように、チームはさらに悲惨なゾンビによる終末の世界“ゾモカリプス”の真っただ中に置かれる。そしてウォレンたちはジュガロ・ゾンビと戦い、ゾンビ化したアメリカ合衆国大統領もしくは彼の親指を捜し出さなければならなくなる。 ウォレンが見た黒い虹と肉を溶かす黒い雨という謎めいた夢に導かれるように、チームはさらに悲惨なゾンビによる終末の世界“ゾモカリプス”の真っただ中に置かれる。そしてウォレンたちはジュガロ・ゾンビと戦い、ゾンビ化したアメリカ合衆国大統領もしくは彼の親指を捜し出さなければならなくなる。
#1

ゾナ
【日本語吹替版】

昏睡状態のウォレンは、終末の世界にかかる黒い虹と肉を溶かす雨の夢を見る。意識を取り戻したウォレンは、自分がゾナにいて、2年間昏睡状態だったこと、マーフィがどうやら人間に戻っていること、そしてチームの他のメンバーのうち、ある者は死んだことを知る。生きているメンバーは、進化ゾンビウイルスによって生まれた不死身のマッドゾンビと戦っていた。

放送日

10月29日(月) 翌01:00〜、
11月04日(日) 翌01:15〜

放送日はこちら
#2

脱出
【日本語吹替版】

黒い虹と肉を溶かす雨の夢に突き動かされるように、ウォレンとマーフィはテラー医師の助けを借りてゾナから脱出する。メインランドに戻ったウォレンとマーフィは、ゾナに捕らえられていたアディとルーシーを助ける。一方、ドク、10K、サージ軍曹は狙撃手の標的となる。​

放送日

10月29日(月) 翌02:00〜、
11月04日(日) 翌02:15〜

放送日はこちら
#3

失踪
【日本語吹替版】

ウォレンたちが難民キャンプに着いた時、なぜかレッドとサン・メイが他の全員と共に姿を消していた。マーフィたちはレッドを探そうとする10Kをあきらめさせ、サージと共にニューメリカへ向かうことを決める。しかしウォレンには別の計画があった。あの夢に突き動かされるように、ウォレンは北ではなく東へ向かわなければならないと感じていた。​

放送日

11月05日(月) 翌01:00〜、
11月11日(日) 翌01:45〜

放送日はこちら
#4

前進あるのみ
【日本語吹替版】

ウォレンが見た夢に従い、チームはひたすら進み続ける。瓦礫と破壊の跡がどこまでも続く“グレイト・パイル”を通過する間も、決して足を止めることはできない。その道中、チームはゾンビウイルスが再び突然変異を起こしていることに気づく。もはや脳を狙っても、ゾンビは死なない。ゾンビを殺すには、跡形もなく破壊し尽くさなければならなくなっていた。​

放送日

11月05日(月) 翌02:00〜、
11月11日(日) 翌02:45〜

放送日はこちら
#5

実験
【日本語吹替版】

チームは“見えない力”に捕らえられ、精巧な地下施設で囚われの身となる。そして彼らを捕らえた謎の者たちによって、奇妙で危険な労働を強制される。チームは、ルーシーが仲良くなったゾンビの助けを借りて脱出する。ルーシーはそのゾンビを助けようとするが、ルーシーに手を貸そうとしたマーフィがマッドZに噛まれて致命傷を負ってしまう。​

放送日

11月12日(月) 翌01:00〜、
11月18日(日) 翌01:00〜

放送日はこちら
#6

死に際からの復活
【日本語吹替版】

ルーシーがマーフィをマッドゾンビの状態から元に戻し、マーフィの命を救う。しかしルーシーは力尽き、マーフィの腕に抱かれて老衰で死んでしまう。一方ウォレン、ドク、10K、サージは、生物学的に改造されたフランケン・ゾンビと戦う。フランケンゾンビは、ウォレンが見た夢の謎を解く手がかりを守っていた。​

放送日

11月12日(月) 翌02:00〜、
11月18日(日) 翌02:00〜

放送日はこちら
#7

結婚
【日本語吹替版】

チームのメンバーたちはルーシーの死に動揺し、ウォレンの夢を信じられなくなる。そして、捕虜を拷問している道化師の格好をした邪悪な“ザガロ”の一団に遭遇する。するとマーフィの中で何かがはじける。ルーシーの死に対するやり場のない思いを吐き出すかのように、マーフィたちは残虐行為に走るが、ウォレンは彼らの暴走を止めることができない。​

放送日

11月19日(月) 翌01:00〜、
11月25日(日) 翌01:00〜

放送日はこちら
#8

聖者の行進
【日本語吹替版】

暴力行為を止められないウォレンは、チームからの信頼を失いつつあった。だが廃墟となった教会でゾンビに囲まれ、謎の人物に遭遇したことでウォレンは信頼を取り戻し、チームは再び団結する。そして、チームが墓荒らしだと思っていた謎の人物は、ただの墓荒らしではないことが判明する。​

放送日

11月19日(月) 翌02:00〜、
11月25日(日) 翌02:00〜

放送日はこちら
#9

臨時ニュース
【日本語吹替版】

ノーザン・ライト基地にいるカヤと連絡を取るための送信機を探していたチームは、廃墟となったTV局を発見する。そしてチームが中へ入ると、ニュースクルーのゾンビに遭遇してしまう。ゾンビ大災害が始まった時にTV局で起こった悪夢のようなシーンが、フラッシュバックされる。​

放送日

11月26日(月) 翌01:00〜、12月02日(日) 翌00:45〜

放送日はこちら
#10

敵か友か
【日本語吹替版】

ドクたちは営業中の理髪店に逃げ込み、スケッチー、スキージーと合流する。理髪店の中は残忍で謎めいた者たちでいっぱいだった。ドクはそのうちの1人に見覚えがあったが、どこで会ったかは思い出せずにいた。そして、ついにそれを思い出した時、事態は悪い方へと急展開する。​

放送日

11月26日(月) 翌02:00〜、12月02日(日) 翌01:45〜

放送日はこちら
#11

研究所
【日本語吹替版】

ウォレンの夢に導かれ、チームはマーシー研究所へ向かう。夢で見たとおりに破壊された研究所の中を探ったウォレンは、謎のガスボンベを見つける。そして理由は分からないが、どうしてもそのガスボンベを持っていかなければならないと感じていた。​

放送日

12月03日(月) 翌01:00〜、12月09日(日) 翌01:30〜

放送日はこちら
#10

大統領を探せ
【日本語吹替版】

ウォレンたちは、“黒い虹”作戦を止めなければならない。ゾナはその作戦で肉を溶かすバクテリアを解き放って、ゾンビ、そして人間がいる世界を“浄化”し、ゾナとゾナの子孫だけがメインランドに住めるようにしようとしていた。“黒い虹”を止めるためには、アメリカ合衆国大統領の指紋が要る。しかし大統領はゾンビとなり、マウント・ウェザーの奥深くにある政府の防空施設にいた。​

放送日

12月03日(月) 翌02:00〜、12月09日(日) 翌02:30〜

放送日はこちら
#13

黒い虹
【日本語吹替版】

シーズン・フィナーレ。チームは最終目的地である“黒い虹”作戦用のドローン発射施設に到着し、ウォレンが見た夢の謎がついに明かされる。ウォレンも仲間たちも正しいことをしているのかどうかが分からないまま、ついに黒い虹作戦が発動される。はたして、この終末の世界の命運は!?――​

放送日

12月10日(月) 翌01:00〜、12月16日(日) 翌01:30〜

放送日はこちら