CONTENS01 アサイラムとは? CONTENS01 アサイラムとは?

ネットやテレビ、はたまたレンタル店で、『メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス』や、『マッド・スピード』など、一度見かけたらどんな作品なのか気になってしまうタイトルの作品。見た事がないですか?それって、もしかしたらアサイラム社製作の映画かも知れません。

アサイラム社は、アメリカ・ハリウッドにほど近いグランデールに拠点を置く映画製作会社。巨大な生物が登場したりゾンビが襲ってくるような「モンスターパニック作品」。宇宙から惑星が降ってきたり宇宙人が襲ってくる「SF作品」。自然が猛威を奮う「ディザスターパニック作品」。そして、どこかで聞いたことがあるようなタイトルとコンセプトの「モックバスター作品」(模倣作)。これらのジャンルの作品を中心に、毎月1、2本ずつリリースされています。メジャー映画製作会社と比べ、製作費は0の数が一桁やはたまた二桁低いような予算で作られているのも特徴の一つ。
そして映画といっても、そのほとんどは映画館で公開されることがないテレビ映画。アメリカでもご覧いただけるのはSyfyチャンネルなどケーブルテレビが中心。だから時間も90分程度と集中しやすいのもポイントです。

看板作品と言えば、昨今のサメ映画ブームの急先鋒。竜巻に乗ったサメ達が空から降ってきて次々と人を襲うアンソニー・C・フェランテ監督のサメパニック作品の『シャークネード』シリーズ。そして、アサイラム社得意ジャンルの一つであるゾンビ作品を見事に生かし、大手メジャー会社とタッグを組んでシリーズ化に成功した『Zネーション』。この二本が柱となっています。

またリリースされる作品のテイストには、そのほとんどにどこか”遊び心”や”軽いノリ”が見られます。ロサンゼルスに巨大モンスターが出たらみんなビックリするよね?なんて彼等の気持ちが透けてみえたり、はたまたロサンゼルスからニューヨークを都合よく瞬時に移動したりなんてことも。ですから、ビール(コーラ)やポップコーンなどをほおばりながら、「そんなことは無いだろ〜」なんてツッコミを入れつつご覧いただくのがオススメです。どうぞ全てを受け入れる広い心を持ってアサイラム作品をお楽しみください。

中野ダンキチ (お宝映画発掘家) 1973年3月18日生まれ 神奈川県横浜市出身 中野ダンキチ (お宝映画発掘家) 1973年3月18日生まれ 神奈川県横浜市出身
7年のサラリーマン生活の後、『シベリア超特急』に魅せられ水野晴郎事務所入り。約5年スタッフ/映画紹介者として活躍。現在は、オフィスキチダン代表として、テレビ・ラジオ・インターネット・イベントなどを通じ、なかなか陽の目を浴びない”お宝な”映画作品を世に知らしめるべく活動中。イベントとして、ちょっと変わったサメ映画紹介イベント『サメ。ゼッタイ!』(不定期)。映画作品上映&トークライブの『高円寺パンディット迷画座』(月1定期)などを主催。特に、アメリカの映像製作会社アサイラム社の作品に明るく、2016年10月には渡米しアサイラム社への訪問も果たす。また、2016年8月度よりアサイラム関連情報に重きをおいた映画サイトmovie-nook.com(ムービーヌークドットコム)を立ち上げている。
写真左:中野ダンキチ 写真右:ジョセフ・J・ローソン (VFXスーパーバイザー) 写真左:中野ダンキチ 写真右:ジョセフ・J・ローソン (VFXスーパーバイザー)
デヴィッド・マイケル・ラット (「THE ASYLUM 社長兼プロデューサー」) 全部、日本のキミたちの責任だよ!!! 「アサイラム・アワー」はアサイラム作品をアサイラムのファン層に観てもらい、そして交流できる素晴らしい機会だね。日本のファンは世界でもとびきり熱くて献身的だよね。君らがいなければメガ・シャークもなかった。だから、全部キミたちの責任だよ! ※アサイラム作品は日本の配給会社のアイディアを積極的に取り入れているという。日本から「巨大なモンスターを戦わせたい!」と伝えられると、アサイラムは「よしわかった!」と、どんどん大きいモンスターを創り上げてきた。今まで「出来ない」と断った事はない。 デヴィッド・マイケル・ラット (「THE ASYLUM 社長兼プロデューサー」) 全部、日本のキミたちの責任だよ!!! 「アサイラム・アワー」はアサイラム作品をアサイラムのファン層に観てもらい、そして交流できる素晴らしい機会だね。日本のファンは世界でもとびきり熱くて献身的だよね。君らがいなければメガ・シャークもなかった。だから、全部キミたちの責任だよ! ※アサイラム作品は日本の配給会社のアイディアを積極的に取り入れているという。日本から「巨大なモンスターを戦わせたい!」と伝えられると、アサイラムは「よしわかった!」と、どんどん大きいモンスターを創り上げてきた。今まで「出来ない」と断った事はない。

CONTENS02 放送作品&レビュー CONTENS02 放送作品&レビュー

2017年11月放送 シャークネード ワールド・タイフーン 2017年11月放送 シャークネード ワールド・タイフーン

“鮫竜巻”がついに日本にも上陸!世界で同時多発するシャークネードに、息子を呑み込まれた主人公たちの戦いを描くモンスター・パニック第5弾。 “鮫竜巻”がついに日本にも上陸!世界で同時多発するシャークネードに、息子を呑み込まれた主人公たちの戦いを描くモンスター・パニック第5弾。
シャークネード ワールド・タイフーン
TV初放送

一連のシャークネード撃退で活躍したフィンは、妻エイプリル、息子ギルと共にロンドンのMI6本部を訪れていた。一方、対シャークネードの秘密組織を結成したノヴァは秘宝“デュークワカ(鮫の神)のハーネス”を発見するが、それを持ち出した途端、巨大なシャークネードが発生する。

監督:アンソニー・C・フェランテ
出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、キャシー・スケルボ

放送日

11月20日(月) 23:30〜
11月24日(金) 13:30〜

サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー
結論から言うと、『シャークネード ワールド・タイフーン』はヤバい。「シャークネード」シリーズの五作目に位置する本作は、過去最高に頭のネジが飛んでいて、過去最高にハードで、それでいて過去最高に濃密な作品だ。
本作の尺の10分間には並のサメ映画3本分の内容がギッチリ詰まっている。それが約90分も続くわけだが、例え並のサメ映画を27本集めて対抗したところで、本作の1分間にも到底敵わないだろう。

「凶悪なサメを伴った竜巻・シャークネードに、再び家族を襲われてしまったフィン・シェパードが、ローマ法王から授かった神聖なチェーンソーを片手に、世界各国を飛び回る」というのが、本作の“極めて単純な”概要である。
勿論、実際の本編は上の文章に輪を掛けて×××で×××だが、その詳細は一旦伏せておこう。迂闊にも本作のネタバレを行った人間は、重度の虚言症患者のごとき扱いを受けた末に、問答無用で精神病院(アサイラム)へと運び込まれる恐れがある。その程度には信じられない内容の傑作だ。

本作の最初の数十分間は、“いつもの”あるいは“いつにも増してパワーアップした”、信頼と実績の「シャークネード」シリーズだ。
鳩尾を抉るかのごときジョークに、大量に盛り込まれたパロディ、脳が処理を拒む怒涛の展開、それとサメ。その手の要素が今回も安定して、かつ新鮮な刺激を与えてくれる。

しかし、本作の後半――トレイラーでも顔を見せた、“無数のサメが合体して生まれた最強のサメ”が登場する辺りから、私達はシャークネードの本当の恐ろしさを知るだろう。同時に、本作を初見で観た者は、「果たして一連の展開は本当に収拾が付くのか」という未曽有の焦燥感に駆られるだろう。いや、本当に。

だが、安心して頂きたい。本作は「シャークネード」シリーズで、主役は我等がフィン・シェパードだ。そして、監督はアンソニー・C・フェランテで、製作はアサイラムだ。
彼等とサメを信じよう。

“常に備えよ(センパ・パラタス)”!
シリーズで観よう!
11月17(金)〜19日(日)連夜放送 11月17(金)〜19日(日)連夜放送
シャークネード
スカパー!無料放送「11月17日(金) 23:30〜」
詳しくはこちら
BSスカパー![第1話見せます]11月11日(土)09:30〜[無料放送]
シャークネード カテゴリー2
11月07日(火) 23:30〜 11月18日(土) 23:40〜
詳しくはこちら
シャークネード エクストリーム・ミッション
スカパー!無料放送「11月04日(土) 16:45〜」 11月19日(日) 23:15〜 11月28日(火) 翌03:45〜
詳しくはこちら

2017年12月放送 鮫の惑星 海戦記(パシフィック・ウォー) 2017年12月放送 鮫の惑星 海戦記(パシフィック・ウォー)

鮫を従えた暴君VS鮫使いの少女 神さえも捕食される世界で、今、聖なる戦いが始まる!! 鮫を従えた暴君VS鮫使いの少女 神さえも捕食される世界で、今、聖なる戦いが始まる!!
鮫の惑星 海戦記(パシフィック・ウォー)
日本初

地表の98%を海に覆われてしまった地球。この世界を支配するのは、獰猛な鮫を自在に操る男。生き残った僅かな人類は、怯え跪くしかなかった―。深海よりも深い絶望の闇に差し込んだ、希望の光。それは、英雄の血を受け継いだひとりの少女―。

監督:マーク・アトキンス
出演:アシュレイ・デ・ラング、ジャック・アームストロング、ジョン・サヴェージ

放送日

12月18日(月) 23:05〜
12月22日(金) 13:30〜

サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー
今年国内で発売した『PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星』に続き、同じ監督によって作られたサメ映画が、この『鮫の惑星:海戦記(パシフィック・ウォー)』だ。
何か近未来的な設定解説を多用した“サイエンス系サメ映画”の前作と比較すると、本作はそこから大胆にも“ファンタジー系サメ映画”の方向へと舵を切った作品である。
どういうことかと言うと、本作には“その身に秘められし力を行使してサメを操る少女”とか出てくる。そういうことだ。

“急激な海面上昇によって、陸地の大半が水没してしまった地球”が本作の舞台である。人類は各所に水上都市を築くと、僅かな資源に頼って何とか生き延びていた。
そこで登場するのが世界を支配する“悪のサメ使い”である。彼等は両手に自前のパワーグローブを装着すると、何か格好良いポーズを決めることで、自由自在にサメを操る能力を持っている。そして、自軍の要塞内部に保有する無数のサメを武器に、水上都市の住民を脅かす。サメって何だ。

そのような“悪のサメ使い”に対抗するべく、主役の二人は仲間を集めて敵の要塞へと攻撃を計画する――というのが、本作のストーリーだ。
並行して、“悪のサメ使い”に囚われた一人の少女が、父親の遺志を受け継いで“真のサメ使い”へと覚醒する物語も進んでいく。
彼女は父親の形見である“太陽の石”を使うことによってサメを操ることが出来るが、別に“太陽の石”を使わなくてもサメを操ることが出来る。
何を言っているのか分からないかもしれないが、実際の本編を観れば全て腑に落ちると思う。私はいつだって真剣に喋っている。

とはいえ、聞く分にコミカルな設定とは裏腹に、本作の内容は至ってシリアス、かつサメの存在さえ除けば最初から最後まで不真面目な要素のない作品である。
特にラストはサメ映画の割に思ったより爽やかな後味で、一瞬何か名作映画を観ているかのごとき気分を味わうことが可能だ。

勿論本作はあくまでサメ映画である。故に推す。

2018年1月放送 ファイブヘッド・ジョーズ 2018年1月放送 ファイブヘッド・ジョーズ

「ダブルヘッド」「トリプルヘッド」を凌駕する、進化系ジョーズ襲来!! サメ映画界の最終兵器が、地球上全ての生物を喰いまくる!! 「ダブルヘッド」「トリプルヘッド」を凌駕する、進化系ジョーズ襲来!! サメ映画界の最終兵器が、地球上全ての生物を喰いまくる!!
ファイブヘッド・ジョーズ
日本初

カリブ海に浮かぶプエルトリコ・パロミノス島。常夏の楽園を地獄へと変貌させる事件が発生。4つの頭を携えた鮫が現れ、人々を襲い始める。巨大なザトウクジラさえも捕食する無尽蔵の食慾。
だが、その恐怖はさらなる絶望への序章にすぎなかった―。

監督:ニコ・デ・レオン
出演:クリス・ブルーノ、ニッキー・ハワード、リンジー・ソーヤー

放送日

01月15日(月) 23:30〜

サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー サメ映画ライター「知的風ハット」レビュー
あの二つ頭の『ダブルヘッド・ジョーズ』や、三つ頭の『トリプルヘッド・ジョーズ』に続いて誕生した、史上最も何故企画が通っているのか分からないムービー・シリーズの三作目が本作、五つ頭の『ファイブヘッド・ジョーズ』だ。

何の予備知識もない状態から本作を観た人間は、皆一様に驚くことだろう。本作に登場するファイブヘッド・ジョーズには、何と頭が四つしか付いていないのである。
それならファイブヘッドって何だよ。

「サメ映画製作チームは算数に支障を来たすレベルまでIQが低下してしまったのだろうか」とかそのような邪念を振り払って鑑賞を続けていると、本作のサメは中盤で突然新しい頭を一つ増やしてくる。それも尾鰭の部分に。突如サメの頭が増えた原因に関する説明はない。気が付くと次の瞬間に増えている。おかしいね。

そしてついに頭数の揃ったファイブヘッド・ジョーズが画面の中で暴れ回るわけだが、そこは素直に面白い。
何せ本作のサメは、人類がサメを倒すために用意した策を、パワー一辺倒ではないクレバーな手段によって攻略していくのだ。頭が増えた分だけ知性も上がっているのか分からないが、少なくとも“人類とサメの攻防”という部分については案外侮れない内容である。見所だ。

また、本作に登場する人類は、同シリーズ中でも最もタフな存在だ。要は、意外と死なない。「あのキャラクターはこのシーンで確実に死ぬだろう」という場面でも、割と余裕な顔で生還してくる。一方で死ぬときはすぐに死ぬ。その微妙に予測困難な展開も、私は気に入っている。

なお、先にも述べた五つ目の頭部、中盤で尾鰭の部分に現れた頭部については、悲しいことに本編で特に活躍しないが、常に首を左右に振って何かキャンキャン吠えているので、観ていると結構和む。見所だ。

というわけでこの『ファイブヘッド・ジョーズ』だが、個人的には同シリーズ中で最も好きな作品である。モンスター・パニックの要点は充分に押さえてあるし、サメは派手に戦うし、何よりセクシーな美人が大勢出てくる。見所だ。
知的風ハット (お宝映画発掘家) 1973年3月18日生まれ / 神奈川県横浜市出身 知的風ハット (お宝映画発掘家) 1973年3月18日生まれ / 神奈川県横浜市出身
『ニコニコ動画』にて、「ゆっくりクソ映画レビュー」というトンデモ映画を紹介する動画を投稿し、辛辣ながら愛情あふれるレビューでコアなファンから絶大な支持を得ている。映画『メタルマン』を紹介する動画は約200万回の再生数を記録し、その認知向上に大きく寄与。以降、「メタルマンの人」の愛称で呼ばれることも多い。
また、トンデモ映画のなかでもサメが登場する映画をこよなく愛し、「かあさんこのサメどうかしら」というブログでもレビューを執筆、展開している。(Twitter:@itukayomu

CONTENS03 アサイラムで50音 今日の一文字スロット CONTENS03 アサイラムで50音 今日の一文字スロット

※ぜひデバイスのボリュームをONにしてお楽しみください。
※最新ブラウザ対応(IE11以上、GoogleChrome、Firefox)

RESTARTSTOP

CONTENS04 サメちゃんプレゼント CONTENS04 サメちゃんプレゼント

ほのぼのサメちゃんアニメでもナレーションはやっぱり千葉繁さんだぁぁぁぁぁぁ!! ほのぼのサメちゃんアニメでもナレーションはやっぱり千葉繁さんだぁぁぁぁぁぁ!!
シェアしてくれた方の中から抽選であみぐるみを合計4名様にプレゼント! シェアしてくれた方の中から抽選であみぐるみを合計4名様にプレゼント!
応募方法は簡単な2ステップ!!
STEP1 ムービープラスのTwitterアカウントをフォローしよう! STEP1 ムービープラスのTwitterアカウントをフォローしよう!
STEP2 Twitterでサメちゃんアニメを投稿しているツイートをリツイートしよう! STEP2 Twitterでサメちゃんアニメを投稿しているツイートをリツイートしよう!

※応募にはTwitterアカウントが必要です。
※当選された方には、後日Twitterのダイレクトメッセージで当選のご連絡をさせていただきます。
※当キャンペーンは、Twitter社とは一切関係ありません。

只今製作中… COMING SOON
12月1日(金)〜3日(日)「東京コミコン2017」 ムービープラスブースにて展示(予定) 12月1日(金)〜3日(日)「東京コミコン2017」 ムービープラスブースにて展示(予定)

巨大サメちゃん あみぐるみ

サメ映画への愛が暴走し、なぜか巨大サメちゃん作っちゃいました。
巨大サメちゃんとミニサメちゃんを「東京コミコン2017」で展示します!


製作:サメ映画好き あみぐるみ作家 @Anomalo_Kao

東京コミックコンベンション2017 東京コミックコンベンション2017
TOKYO COMIC CON

ぶっ飛んだサメ映画などを放送する枠「アサイラム・アワー」の開始を記念し、
東京コミコンのステージでは『シャークネード ワールド・タイフーン』吹替声優トーク公開収録を、
またムービープラスブースでは「アサイラム トンデモ映画の世界展」を開催。

さらに、世界から注目を集めている“世界一の画力”キム・ジョンギのトークショー、ライブドローイング、画集販売&サイン会も実施予定!

みなさんふるってご参加ください。

主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
日時:2017年12月1日(金)、2日(土)、3日(日)
場所:幕張メッセ ホール9-11(千葉市美浜区中瀬2-1)
公式サイト:http://tokyocomiccon.jp

チケット販売はこちら
スカパー!でムービープラスを今すぐ観よう! スカパー!でムービープラスを今すぐ観よう!
加入料不要!1か月分の視聴料で翌月まで楽しめる! お申し込みから、約30分で観られる! ※目安の時間です。ご加入月:ご加入月は視聴料0円 翌月以降:スカパー!基本料金421円/月(税込) + ムービープラス視聴料金648円/月(税込) 加入料不要!1か月分の視聴料で翌月まで楽しめる! お申し込みから、約30分で観られる! ※目安の時間です。ご加入月:ご加入月は視聴料0円 翌月以降:スカパー!基本料金421円/月(税込) + ムービープラス視聴料金648円/月(税込)

※2017年10月1日より加入料のご請求は
無くなりました。

STEP01 ご自宅のテレビでCS161/QVCを選局し、スカパー!が映るかご確認ください。 STEP01 ご自宅のテレビでCS161/QVCを選局し、スカパー!が映るかご確認ください。

スカパー!が映らない場合、アンテナが対応していない可能性があります。ご視聴方法についてはこちらで確認ください。

STEP02 事前にB-CASカード番号をご用意ください。 STEP02 事前にB-CASカード番号をご用意ください。
お電話でのお問い合わせは「スカパー!カスタマーセンター」へ TEL:0120-556-365(10:00~20:00|年中無休) お電話でのお問い合わせは「スカパー!カスタマーセンター」へ TEL:0120-556-365(10:00~20:00|年中無休)

※おかけ間違いのないようご注意ください。
※お客様の個人情報に関する取り扱いにつきましては、スカパー!公式サイト上のプライバシーポリシーをご確認いただき、同意の上、お申込みください。